閉じるボタン

「私を抱いてそしてキスして」(1992)

【DVD発売中】

60点60
平凡なOL・圭子はある日、自分がエイズであると知る。一時は気落ちした圭子だが、マスコミを通じてエイズに対する偏見と戦おうと決意。しかし彼女はまだ、お腹の中に子供がいるのを知らなかった……。日本で初めてエイズを正面から取り上げた作品として話題になった一作。好感の持てる社会派メロドラマに仕上がった。

あらすじ

旅行代理店に勤めるOL・合田圭子は、ある日突然自分がエイズ感染者である事実を知る。学生時代の恋人が、海外での大事故による輸血が原因で感染していたのだ。そんな彼女の前に、津島美幸というジャーナリストが現れた。美幸は感染者が受けている差別や偏見の実態を取材し、マスコミを通じてエイズに対する真の理解を得ようとしていた。圭子には感染事実を知り、気落ちしている時に出会った高野晶という恋人がいたが、彼女は晶に自分が感染者であることを告白できずにいた。自殺未遂の果てに圭子は遂に打ち明けるが、晶はその事実を受け止めることが出来ず、彼女の許を去っていく。会社も辞め、深く傷ついていた圭子のもとを美幸は何度も訪ねていく。最初は拒否する圭子だったが、美幸の真摯な態度に徐々に心を開いていった。だが美幸自身の中にも感染者に対する偏見があることに気づく。そんなある日、圭子は自分が妊娠していることを知る。子供もまた感染しているのではないかと不安にかられる彼女の前に、晶が戻ってきた。そして2人で子供を育てよう、抱いて、キスしてあげようと誓い合う。子供は無事生まれ、感染もしていなかった。圭子はそれから数カ月後に逝ってしまった。だがそれは精一杯充実した人生だったと美幸は考えるのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1992年
製作国 日本
配給 東映
チケット 前売りチケットを購入する

監督