閉じるボタン

「輪舞曲〈ロンド〉」

【DVD発売中】

90点90
助監督として様々な現場に携わった喜屋武靖がメガホンを執り監督デビューを飾ったラブ・ストーリー。喫茶店の店長をする香織は、友人に誘われてコンパに参加、ミュージシャンの邦彦と知り合う。場を盛り上げようとした邦彦は怪しげな惚れ薬を出し、香織に飲ませる。数日後の夜、ふと香織が気付くと、邦彦が演奏している広場に立っていた。さらに、邦彦が演奏していたのは5年前に死んだ香織の恋人、俊樹が演奏していた曲だった……。偶然出会った二人の間によみがえる思いを丹念に描く好編。

あらすじ

喫茶店の雇われ店長をつとめる香織(原田里香)は友達のさやか(永井正子)に誘われて参加したコンパで、ストリート・ミュージシャンの邦彦(吉岡毅志)と出会う。遅れてきた邦彦が場の雰囲気を盛上げようと、取り出したあやしげな惚れ薬。彼のもっともらしい説明を聞いていた香織は、突然、記憶のフラッシュバックに襲われる。その日はそのまま邦彦と別れる香織だったが、ある夜、気がつくと邦彦が演奏する広場に立っていた。そこで初めて邦彦の曲を聞いた香織はショックを受ける。その曲は、5年前に交通事故で死んだ恋人・俊樹(高槻純)が演奏していた曲だったからだ。どうして邦彦がこの曲を…。不思議な薬に導かれ、出会った二人の運命が交差したとき、甘く、切ない記憶の扉が開かれる…… 【キネマ旬報データベースより】
配給 誠和企画
公開日 2003年10月18日(土)公開
チケット 前売りチケットを購入する