閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「ルージュ」(1987)

【DVD発売中】

80点80
一緒に心中したはずの恋人を追って、死後の世界から舞い戻った美貌の幽霊の激しい恋心を描くファンタジー・ロマン。原作は「さらば、わが愛/覇王別姫」と同じリー・ピクワー。1930年代の香港。老舗の薬屋の御曹司チャンと娼館・紅楼の名伎フラワーは、身分違いのかなわぬ恋を嘆いて心中を遂げた。50年後、新聞社に勤めるエンのもとに、尋ね人の広告掲載を依頼する謎めいた女性が現れる。それは、心中後、あの世で一向にチャンに会えず、彼を求めて現世に戻ってきたフラワーだった。エンが、半世紀前の心中事件の真相を探り始めてみると、チャンは一命を取りとめていたことが分かる。

あらすじ

女性週刊誌「ツイン」の編集部でカメラマンの勉と記者の引田が「ルージュ」と題された裏ビデオを見ている。コピーにコピーを重ねた不鮮明な画像を通しても、そこに映された女は美しかった。何者かが、この女を知っている、情報を買わないかとタレ込んで来たのだ。編集部はこの女を取材することを決め、彼女の住む横浜のマンションを訪ねた。前野陽子と表札のある部屋の女は、勉たちの意図を知るとにべもなくドアを閉めた。数日後、女から取材に応じると電話が入った。女の話によると、彼女は大手広告代理店の制作局長夫人であったが、夫が目をかけるディレクター村木がサラ金地獄のカタにビデオを撮ったのだという。勉は女に惚れ、デートを重ね編集部に写真の提出を拒んだ。見かねた引田は勉を横浜にある場末のバー「サガ」に連れていくと、そこには女と、彼女を騙した村木がいた。女の名は土屋名美という。数日後、どしゃぶりの雨の中で勉は店から出て来る名美を待っており、彼女にジッポのライターをプンゼントするのだった。名美は勉の好意を受け入れ、二人は唇を重ねる。村木には名美の他に明香という愛人がおり、クラブのママをしている彼女も村木との希望のない愛に疲れきっていた。明香は、村木と名美の部屋で「ルージュ」のビデオを見ると、そこに映っているのは、名美の恥態ではなくて、村木が撮った名美の美しいCFと、彼女が犯されるところをかばい、指を切られる村木の姿があった。これを見た明香は名美から村木を奪うことをあきらめた。名美のバーに夫の土屋が現れ、離婚届と金を投げ出すと、激しく彼女をののしる。村木も客たちをたきつけ、名美をからかう。夫や村木に絶望した名美は勉を探し、ホテルで食事をする。酔った勉が眠ってしまうと、名美はホテルを抜け出し、バーにいる村木を包丁で刺した。名美は血に濡れたライターを取り上げる。勉が目覚めたとき、名美はホテルに戻っていた。テレビのニュースで村木の死を知った勉は彼女をオートバイに乗せて海に向かった。名美の泳ぐ姿を見ていた勉は、側にあったライターを手に取ると、まだ固りきらない血が付着していた。あわてた勉は海に向って名美の名を叫んだ。うしろから「どうしたの」と言う笑顔の名美がいた。 【キネマ旬報データベースより】
原題 *脂扣/ROUGE
製作年 1987年
製作国 香港
チケット 前売りチケットを購入する