閉じるボタン
【重要】「ぴあ映画生活」サービス終了のお知らせ

「勇気ある追跡」(1969)

【DVD発売中】

72点72
片目の保安官コグバーンは、父を殺された少女マティに復讐のため雇われる。マティとコグバーン、そして若くして腕の立つテキサス・レンジャー、ラ・ボーフは、犯人トムを探す旅に出る。インディアン地区でトムを発見、死闘の末彼を殺すが、ラ・ボーフも命を落とす。好評を得て、後年キャサリン・ヘプバーンを迎えて続編も製作された、ウエスタンの傑作。

あらすじ

1880年代のアーカンソン州。マティ(キム・ダービー)は両家の子女にも似ず、気の強い、だが、かわいい少女だった。そんな彼女の父親が、雇人のトムに殺された。マティはためらわず復讐を決意。といっても、1人では、とても無理。そこで雇ったのが大酒飲みで片目のコグバーン(ジョン・ウェイン)と、若くてハンサムなテキサス・レンジャーのラ・ボーフ(グレン・キャンベル)だ。3人は出発した。だが、個性の強い3人ゆえ、平和な道中ではない。特に男2人は反揆し合い、ののしり合う。だが、互いに相手が気骨ある男だということは、分かった。インディアン地区で、マティがトムに捕まえられた。助け出したのはラ・ボーフ。そこへ現れたコグバーン。馬に乗り、手綱をくわえ、拳銃を乱射しながら一味の中へ。だがラ・ボーフがトムに撃たれ、瀕死の重傷。その情景を見たマティが、トムに1発、2発と狙う。しかしながら慣れない銃の扱い。反動で、ガラガラ蛇のいる穴に落ちてしまった。コグバーンはトムを殺し、マティを助け出す。瀕死のラ・ボーフの手を借りて。だが、その直後、ラ・ボーフは息絶えた。コグバーンは、毒蛇にかまれたマティをかつぎ、医師のもとへ大疾走。何頭もの馬を乗りつぶし荒野をひた走る。やがてマティは回復し、命の恩人のコグバーンをみる。だが彼は相変わらずの大酒飲みでヤクザな男だ。それでもいいではないか。だって彼は、死んでしまったラ・ボーフとともに、マティのために、真実の勇気をみせてくれたのだから。 【キネマ旬報データベースより】
原題 TRUE GRIT
製作年 1969年
製作国
上映時間 128
チケット 前売りチケットを購入する