閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「ポリス・ストーリー2 九龍の眼」(1988)

【DVD発売中】

69点69
ジャッキー・チェンの監督、主演第10作目に当たる人気シリーズの第2作。一本気な性格が災いして、何かと問題を起こすことの多いチェン刑事を主人公に、悪質な爆弾組織との壮絶な闘いを描いたアクション映画。ジャッキーの恋人役には、これが3度目の共演となるマギー・チャン、人間味豊かな上司には、常連トン・ピョウがそれぞれ扮し脇を固めている。公開時タイトルは「九龍の眼 クーロンズ・アイ」。

あらすじ

正義感に燃える刑事チャン(ジャッキー・チェン)は、以前は一線級の特捜隊員だったが一本気な性格が災いしてか、署内ではいろいろと問題になる事も多く、交通整理係に回されたりしている。ある日、恋人のメイ(マギー・チャン)と入ったバーで、チェンはかつて自分が逮捕した悪人(チュー・ヤン)と出会い、そのいやがらせから大ゲンカになってしまう。署内でまた問題となり、リー署長(ラム・コックン)は休暇をとるように言った。チェンはメイとタイに旅行しようとするが、そのための買物に行ったショッピング・センターでチェンが爆弾を発見、大騒ぎになる。犯人は不動産会社を脅迫して金を出させるのが目的で、自分達の実力を見せるために爆破事件を起こしたのだ。メイとの休暇旅行を返上し、久々に特捜隊員として捜査に復帰したチェンは、上司との対立を繰り返しながらも、ヤン刑事(クリスタル・コオ)らの協力も得て、犯人一味のアジトを見つけるが、逃げられてしまう。不動産会社を爆破するという電話で警察は厳戒体制をしくが、犯人はその裏をかき、捜査本部を爆破した。これに恐れをなした不動産会社は、警察に内緒で一味と裏取引をしようとする。その事を知ったリー署長は、警官隊とともに阻止しようとするが、そこへ金を受け取りに来たのは何とチェン。犯人一味がメイを誘拐して人質にし、チェンにリモコン爆弾のついた服を着せて送り込んだのだ。チェンは金を受け取ると、無線の指示で一味のもとへ急ぐ。だが途中でリモコンがきかないトンネルの中に入り、そこで肌の爆弾をはずして、オートバイをとばして一味を急襲。猛烈な戦いの末に彼らを倒し、メイも無事に救い出すのであった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1988年
製作国 香港
上映時間 121
カテゴリ アクション
チケット 前売りチケットを購入する