閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「螢」(1989)

【DVD発売中】

0点--
「ちょうちん」「疵〈きず〉」に続いて梶間俊一が手掛けた青春ヤクザ映画。主人公は、その世界でノシていくことを夢みるチンピラ謙次と、彼のためにピンサロからキャッチバー、ソープへと身を落としていく薄幸の女・麻子。この二人の7年にわたる愛の軌跡を描いている。柳葉敏郎の本格的初主演作。

あらすじ

横浜のヤクザ。新光会の幹部島田謙次が、麻子に会ったのは七年前のまだ駆け出しの頃だった。謙次は港北組のチンピラだったが、組は突然解散。幹部の二宮は関東連合へ移り、同じ幹部の楠原は謙次と秀夫を連れて新光会へ移った。謙次はある日、ピンクサロンのホステス麻子を力ずくで犯したが、彼女の天使のような優しさに惚れたのだった。謙次と秀夫はキャッチバー「黒猫」を始めたが、麻子は刑事に捕まってしまう。「黒猫」に戻った麻子は、ピンサロの仲間の洋子から二〇万円をだまし取られ、謙次に殴られた。謙次は兄貴分、楠原のために無理な取り立てに奔走した。しかし、楠原はこの金で関東連合の賭場で負け越し、二宮に五〇〇万円の借りを作ってしまう。謙次は金をつくるために身を切るような思いで、麻子をソープランドに売った。楠原は二宮に金を返しに行くが、無惨にも殺されてしまう。謙次は家族旅行を楽しむ二宮を列車の中で刺殺。七年の刑期を終えて出所した謙次は洋子から麻子の消息を聞くが、彼女は悪い男に引っかかりシャブ中にされて、今はサナトリウムで療養中の身だった。謙次は麻子を訪ねたが、かすかに記憶がよみがえったようだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1989年
製作国 日本
配給 G・カンパニー=東亜興行
上映時間 103
チケット 前売りチケットを購入する