閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「誇り高き挑戦」(1962)

【DVD発売中】

60点60
鉄鋼業界紙の記者・黒木は、ある大企業が東南アジア某国の反動政府に武器輸出を行っていることを嗅ぎつける。さらに戦後GHQの諜報部員として黒木にリンチを加えた男・高山が大きく関与していることも知る。大新聞も警視庁も沈黙を守るなか、高山を追い詰めることに成功する黒木だが、高山は危険を感じた背後の組織に消されてしまう……。テンポの良いサスペンス・ドラマに兵器産業の復活やCIAの暗躍などの社会問題を折り込んだ、深作監督の出世作。戦後民主主義への幻想と失望が色濃く出ていて、鶴田浩二が終始サングラスをかけたまま、ニヒルな絶望に沈んでいるのが強い印象を残す。

あらすじ

実弾試射の銃声が轟くある軍需工場の裏手。有刺鉄線を背に立っているのは鉄鋼新報の記者黒木であった。彼は、この工場を持つ三原産業が特需景気の去った現在も景気がいいのに不審を抱いてここを訪れたのだ。案の定この工場では、東南アジアの国々にモデルMSという銃を密輸しようと生産に拍車をかけているところだった。一方、工場から社長と一緒に出て来た男をカメラに収めた黒木の同僚のカメラマン畑野は、上がった写真をみて愕然とした。その男、高山は戦争中は特務機関員であり、戦後はGHQの諜報部員として活躍し、占領当時ある事件で黒木にリンチを加えたことのある男だった。その時の傷のため黒木はいまだに黒眼鏡をはずすことが出来ないのだ。その頃女を交えた東南アジアの亡命者達が日本にやって来たが、武器の買いつけに来たとにらんだ黒木は彼等の動静をさぐった。また黒木は、前に世話をした事のある弘美が三原産業の女工をしていることから、工場の情報も集めた。その結果、高山こそ東南アジアの反革命者と三原産業を結ぶ武器ブローカーであることが解った。高山に会った黒木はこの件を記事にするとおどしたが高山は動じなかった。そのうち弘美が姿を消してしまった。心配した黒木は高山一味の本拠である精神病院にのり込んだ。が、彼も精神病棟に檻禁されてしまった。彼がそこで目撃したのは拷問の末狂人と化した弘美だった。やっとのことで黒木が病棟をのがれた頃にはすでに反革命者と共に武器を積んだ船は日本を出た後だった。それを本国の革命軍に連絡し二重の利益をはかる高山、その事を知った黒木は激怒した。黒木が高山とその背後の国際的黒い組織に挑戦しようと意気を新たにしたころ、危険を感じた黒い組織に高山は消されてしまった。高山の死により黒木の挑戦した黒い組織も再び濃霧に包まれた。灰色の議事堂を背に、静かにサングラスをはずす黒木の表情は暗かった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1962年
製作国 日本
配給 東映東京
上映時間 69
チケット 前売りチケットを購入する