閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「ビルとテッドの地獄旅行」(1991)

【DVD発売中】

68点68
ノーテンキな落ちこぼれ高校生コンビの冒険を描いた、シリーズ第2作。冒頭でいきなり二人は死亡。死神に地獄へ案内されるがここでも大暴れをする。他の追随を許さない大馬鹿ノリは、ますます快調。主演は前回同様、美男俳優K・リーヴスと茶目っ気タップリのA・ウィンター。死神に扮したW・サドラーの妙演も見事。

あらすじ

ビル(アレックス・ウィンター)とテッド(キアヌ・リーヴス)は、近い将来、彼らのロックンロールで全世界を救済し、英雄となる運命を担っていた。彼らを快く思わない悪の軍団のリーダー、デノロモス(ジョス・オークランド)は二人を歴史から抹殺するために1691年の未来からビルとテッドのロボットを送り出した。簡単に殺された二人だが、地獄で死神グリム・リーバー(ウィリアム・サドラー)をボード・ゲームで負かして生き返ることになる。その際、ビルとテッドのロボットを倒すために自分たちもロボットを作ることを思いつき、天国で火星人を紹介してもらい、地上に戻った。ロボットを作り上げたビルとテッドは死神と火星人を伴い、ロボットの出演しているロック・バトルに乗り込み、見事にやっつける。しかし、TVを前にまだ演奏が下手だと気づいた二人は未来へ行き、熟練した身となり、すぐさま戻ってロック・バトルで優勝、全世界の英雄となるのだった。 【キネマ旬報データベースより】
原題 BILL & TED'S BOGUS JOURNEY
製作年 1991年
製作国
配給 コロムビア
チケット 前売りチケットを購入する