閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「ハンバーガー・ヒル」(1987)

画像

【DVD発売中】

59点59
人体がバラバラになりミンチ肉のようにされてしまうほど、激烈な戦闘が行われたという南ベトナムの937高地、通称“ハンバーガー・ヒル”。1969年のその高地奪回作戦の10日間にわたる死闘を、全員20歳前後という若者だけの部隊を主人公にして迫真の映像で描く。戦争シーンのすさまじさにも圧倒されるが、ほとんど無名の若手俳優陣14名の、存在感あふれる演技が作品を盛り立て、良質の人間ドラマとなっている。

あらすじ

1969年、ヴェトナム。テリー・フランツ(ディラン・マクダーモット)が指揮する第3分隊。彼は銃弾が飛びかう中で負傷兵を徹退させようとしていた。ダフィ、ゲイガン、モータウン、そしてウスター。幸福な者だけが生還できる地獄の戦場だ。第3分隊に新しい兵隊が配属さねてきた。ベレッキー、ラングィリー、ウォッシュバーン、ガルバン、ビーンストックの5人。いずれも20歳そこそこの若者だ。フランツが彼らに教えたことは、敵に対して畏怖を植えつけることだった。敵は高度な訓練と装備で身を固め、しっかりした動機を持った筋金入りの北ヴェトナム正規軍なのだ。気を抜いたらすぐ殺される。フランツの分隊はマン・ロー橋の近くにキャンプを設営した。一時の平穏。だが、突然、敵の一斉射撃が始まった。ガルバンが頭を吹き飛ばされる。さらにアシャウ・バレーでも集中豪雨のような銃撃戦が展開される。今や兵士たちの神経はズタズタだった。そてんなところへ、北ヴェトナム軍が要塞を敷く“937高地”を掃討せよとの命令が下った。凄惨な戦いが開始された。1人、また1人と続出する犠牲者。誰かが叫んだ。「この高地はオレ達をミンチにしようとしている!」と。10日に及ぶ熾烈を極めた戦闘は終わった。高地の頂上に北ヴェトナム正規軍の姿はなかった。フランツ、ベレツキー、ウォッシュ・バーン……生き残ったことが奇跡としかいえない兵隊たち。わずかに焼け残った1本の木に、誰が貼りつけたのか札がゆれていた。「ウェル・カム・ツゥ・ハンバーガー・ヒル」。そして、その下に小さな文字で「こんなにまでする価値があるのかよ!」と書かれていた。 【キネマ旬報データベースより】
原題 HAMBURGER HILL
製作年 1987年
製作国
上映時間 110
チケット 前売りチケットを購入する