閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「人形佐七捕物帖・妖艶六死美人」(1956)

【DVD発売中】

0点--
横溝正史の原作を若山富三郎主演で映画化した“人形佐七捕物帖“シリーズの第1作。花のお江戸に評判高い似顔絵画家・空来山人が描いた風流六歌仙とうたわれる6美人が次々に殺される。人形佐七が犯人究明に乗り出すが、女房のお条が黒覆面の一団に誘拐されて……。

あらすじ

花のお江戸に評判高い似顔絵画家空来山人は、昔の仲間茨木屋鵬斎の宴の席上、自分が描いた風流六歌仙と謳われる六美人−−女歌舞伎の春太夫、女絵師の采女、女俳諧師蝶雨、小唄師匠小扇、柳橋芸者お駒、踊りの師匠花奴−−の眼前で、春太夫を除く女達に絵の出来を痛罵され、それが元で狂乱の末、一人娘お京の看護も空しく自ら悲惨な最期を遂げた。一年の後、茨木屋は一人息子世之介とお京の縁組を嫌い、嫁と目論む勘定奉行荻原備前守の娘菊姫を屋形船に招き、六歌仙の美女らの背に似顔絵を刺青させ、又、鳩の足に似顔絵入りの筒をつけて飛ばせ七日目の晩にその絵を持参した者に賞金を出すという変った趣向を思いつく。だが趣向が終った夜、小扇が惨殺され、傍らには蝶雨の似顔絵。数日後、旬会の帰途で蝶雨が又もや殺され、お駒の似顔絵が置いてあった。そして第三の女お駒も、やがて浴場で落命。船遊びの趣向当時、手下の辰五郎と豆六から噂を聞いても、まるで無関心なのは八百八町きっての目明し人形佐七。処がお駒殺しの現場を見た采女は犯人と目され、佐七と張り合う目明し宗兵衛に引っ張られてしまう。見逃しは出来ぬ、と犯人究明に乗出す佐七。だが采女は番所で絶命し傍らには春太夫の似顔絵が。この頃、佐七が面倒をみていたお京が、女房共々黒覆面の一団に誘拐され、五人目の女花奴も踊りの最中に非業の死。最後の一人春太夫の打明け話や辰五郎の聞き込みで真相を握った佐七は単身、茨木屋へ乗込み鵬斎と対決、得意の謎解きを始める−−鵬斎と空来山人は昔の海賊仲間、山人が堅気になったのを根に持つ鵬斎は宴の折、毒酒を飲ませて山人を殺し、その内幕を知る六歌仙の女達も亡き者にしようと、実は山人の息子で島破りの新吉である船頭の粂三が似顔絵で高飛び費用をと考えていたのを嗅ぎつけ、粂三の仕業とみせて女達を惨殺していたのだった−−。総てが露見した鵬斎は佐七を陥し穴へ閉じこめ、一味と海に待つ海賊船へ急ぐ。だが牢を破った佐七は捕手共々海賊船を襲い、女房お粂や春太夫を、そして父の悪業に反抗する世之介はお京を救う。鵬斎は自決し一味も捕縛。世之介とお京は、佐七夫婦の見送りを受けて旅に出る。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1956年
製作国 日本
配給 新東宝
チケット 前売りチケットを購入する