閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「女体桟橋」(1958)

0点--
売春組織に立ち向かう刑事の奔走を描いたサスペンス活劇。手配中の公金横領犯を装い、売春地帯に潜入した刑事、吉岡は昔の恋人ルミと再会。彼女は国際的な売春組織のボスの情婦となっていたが、吉岡の行動力に惚れ直して彼に協力。かくして吉岡は組織の検挙作戦に乗り出す。石井輝男監督が当時得意としていたセミドキュメンタリー風の手法に注目。

あらすじ

吉岡は、公金横領手配中の犯人というふれこみで、コール・ガール組織にもぐっている腕利きの刑事である。折しも、香港から新しいボスの情婦ルミの入国が伝えられ、吉岡はナイトクラブ“アリゾナ”に出向いた。ルミを見て彼は驚いた。六年前には、二人は恋仲だった。それが、ルミの浮気から恋は破綻したのだった。支配人黒川や、ピアニスト兼歌手の照夫はルミにぞっこん惚れこんだ。だが、ルミは黒川も照夫も眼中になかった。アリゾナに、フアッションモデルの晴子が黒川にスカウトされて迎えられた。彼女はすでに吉岡と面識があった。神戸のとある事件の際、吉岡は捜査課長であり晴子は婦人記者だった。二人の挙動に疑念を抱いた照夫は、二人がグルになってさぐりを入れに来ているに違いない、とルミに告げた。ルミは晴子を照夫の部屋へ軟禁した。が、吉岡に再び惚れなおしたルミは、この一件を支配人に密告しようとする照夫を制止した。吉岡と黒川との間に、ボスのトムソンの過分な儲けを公正に配分しようという商談が成立した。当夜、横浜大桟橋出港のグレイト・スカイ号にトムソンが乗りこむので、そこで取引することになった。ルミは晴子を釈放、この件を警視庁へ連絡するよう照夫に依頼した。この密談を黒川は怪しみ、照夫のあとをつけさせた。グレイト・スカイ号のタラップを上る吉岡とルミはハッとなった。トムソンと黒川がピストルを持ち、立ちはだかっているのだ。ルミは黒川の弾に倒れたが、その時警官隊が駈けつけた。吉岡はまた新しい任務を帯びて西下することになった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1958年
製作国 日本
配給 新東宝
チケット 前売りチケットを購入する