閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「ハンナ・セネシュ」(1988)

0点--
ナチス政権下のハンガリーにおいて、レジスタンスとして戦い、短い生涯を終えたユダヤ人女性ハンナ・セネシュの戦いの日々を描くキャノン映画の超大作。主演のM・デートメルスの高貴な美しさが光るが、戦闘シーンで好戦アクションものと化してしまうM・ゴーラン監督の演出が散漫だ。

あらすじ

ハンガリーの著名なユダヤ人作家の娘として、ハンナ・セネシュ(マルーシュカ・デートメルス)は自分も父のような作家になることを夢見ていたが、ヒトラーの台頭による反ユダヤ主義がハンガリーにも襲い始め、彼女は母のカタリン(エレン・バースティン)に別れを告げ、パレスチナの農業学校に入学する。やがて第2次大戦の戦火は広がり、ハンナのもとに同じハンガリー出身の英国軍人ヨエル・バルギ(ヴィンセンツォ・リコッタ)が現われる。彼からハンガリーに戻るのは英国空軍に入隊するのがいい、と告げられ、自殺行為と知りつつも入隊する。折しもユーゴスラヴィアに投下したハンナたちは、ナチによるハンガリー占領を知り、国境越えのパルチザンに志願する。そして激しい銃撃戦を乗り越え、国境を越えたハンナは、ブダペストまでもう一歩というところでドイツ軍人に逮捕され、刑務所に留置される。ハンナはローザ大尉(ドナルド・プレザンス)の拷問にも口を割らなかったが、母を恐喝の手段にされ絶望する。しかしロシア軍の進行により、刑務所に収容されていた人々が解放されようとする時、ハンナはサイモン大尉(デイヴィッド・ワーナー)の告白により反逆罪で死刑を宣告される。こうしてハンナは銃撃隊に射殺され、その短い一生を閉じる。時は、ヨーロッパ解放が近づきつつある、寒い朝の日のことだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1988年
製作国
上映時間 146
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する