閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「メランコリー」(1993)

0点--
暮れも押し迫りクリスマスも近づいてきたある日、冬のバカンスを家族や友人たちと過ごそうといつものメンバーがシャモニーへと集まって来た。おしどり夫婦のシモンとフレデリック、シモンの弟で映画監督のマックス、彼の友人で売れない俳優のステファンとその恋人リュシー、そしてシモンとマックスの父であるレオと長年の愛人フランソワ……。一面銀世界のリゾート地を舞台に、6組のフランス人たちの恋愛模様が繰り広げられる。J・H・アングラード、J・ビセット、M・トランティニャン、A・エーメら豪華キャストが競演する。

あらすじ

クリスマス休暇に毎年同じスキー・リゾートに集まる家族と友人たち。俳優のステファン(ジャン=ユーグ・アングラード)の恋人リュシー(マリー・トランティニャン)が朝から飛び下り自殺の未遂騒ぎを起こす。記録映画作家のマックス(ジェラール・ランヴァン)は仲間の編集マンの恋人アンヌ(アンヌ・ルセール)に会い、その編集マンの死を知る。彼は妻マリー・クレール(クリスティーヌ・ボワソン)と離婚係争中。マックスの兄シモン(アンドレ・デュソリエ)と妻フレデリック(ジャクリーン・ビセット)の息子アルフレッド(クリストファー・トンプソン)はマリー・クレールの連れ子サマンタ(ヴィルジニ・ルドワイエン)に再会し、恋を感じる。夕食会で父レオ(ダニエル・ジェラン)は長年の愛人フランソワーズ(アヌーク・エメ)と晴れて結婚したと宣言し、息子のマックスは動揺する。サマンタはアルフレッドの部屋を訪れて一夜を過ごす。翌朝アルフレッドは出発する。フレデリックは夫に愛人が居て、しかも相手が同じリゾートに来ていることに気づく。マックスと妻の間の溝は埋まらず、一方で彼はアンヌと親しくなる。二人が一夜を共にした翌朝、妻は娘のスキー競技会のために夫を呼びに来てその情事に勘づく。そこへ帰ってきたアルフレッドはこの騒ぎで思わぬとばっちりを食らう。夫の裏切りにフレデリックは一人で旅立つ。リュシーらしき女が自殺したという知らせが入るが、幸い別人だった。アルフレッドは山登りの特技を使ってサマンタの家に押しかける。フレデリックはパリから電話で夫を呼び出し、シモンは慌てて迎えにいく。かくしてマックス夫妻以外はなんとか収まった晩餐会に、マリー・クレールが駆け込んできて、犬が行方不明になったという。一同は犬を探して夜の町を駆け回る。マックス夫妻は再び話し合い、彼はそっと亡き母の遺した手紙を妻に渡した。犬は無事見つかった。翌朝はそれまで吹雪続きだったのが雲一つない晴天で、一同はスキーに行く。一方マリー・クレールは例の手紙を読んで涙を流していた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1993年
製作国
上映時間 104
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する