閉じるボタン
【重要】「ぴあ映画生活」サービス終了のお知らせ

「ラストムービー」(1971)

60点60
「イージー・ライダー」の大ヒットで、D・ホッパーがユニバーサルから100万ドルの製作資金を得て作り上げた作品。ペルーの映画ロケ地で撮影が終わった。ランチキ騒ぎを繰り返す映画の撮影隊にいや気がさしたスタントマンが、終了後もこの土地に残る。だが、アメリカ人夫妻と出会ったことから、酒とドラッグに溺れるようになって、どこかで見たような幻覚の光景に引きずりまわされる。現実と幻想、過去と現在を交錯させる特異なスタイルに、ユニバーサルとホッパーはこの映画の扱いをめぐって衝突し、ニューヨーク、ロサンゼルスで2週間、サンフランシスコで3日間しか上映されず、ホッパーはその後長らくアルコール中毒になったという、いわくつきの作品。

あらすじ

ビリー・ザ・キッドの映画を撮るサミュエル・フラー監督一行を見つめるスタントマンのカンザス(デニス・ホッパー)は、毎夜繰り広げられるクルーの乱痴気騒ぎに嫌悪感を抱いていた。撮影終了後も村に残った彼は、ペルー女性のマリア(ステラ・ガルシア)と平穏な生活を送るが、金採掘にうつつをぬかす友人ネヴィル(ドン・ゴードン)を通じて知りあった金持ちのアメリカ人夫婦一行との酒とドラッグに溺れた日々の中で、次第にアイデンティティを失ってゆき、この腐敗の象徴とも言うべきアメリカ人の妻(ジュリー・アダムス)から侮辱されたことにより、不条理の世界へとはまってゆく。やがて彼はインディオ達の儀式−−虚構ではなく現実の世界で映画撮影を再現するそれに加わってゆく。決闘シーンも実弾で行なわれるこの撮影の中で、縛り首になる役を演じ牢に閉じ込められたカンザスは、脱獄の後、肩を撃ち抜かれ、現実とも幻覚ともつかない恍惚の中で息絶えるのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1971年
製作国
上映時間 108
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する