閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「ボブ&キャロル&テッド&アリス」(1969)

【DVD発売中】

10点10
マザースキーの記念すべき監督デビュー作品。性風俗の自由化が社会現象となりつつあった時代を“先取り“したユニークなオリジナル・シナリオによる作品。最も進んだ夫婦が友人夫婦とセックスを共有するというコメディ。

あらすじ

人里放れた山中に“愛の自由な解放”を教える研修所があった。そこを訪れた記録映画製作者のボブ(ロバート・カルプ)とキャロル(ナタリー・ウッド)の夫婦は、研修に参加し、心の交流法を学んだ。そして、そこを去る時には、2人は、今まで以上に強い愛で結ばれていた。それからしばらくたったある日、サンフランシスコでの撮影から戻ったボブは、キャロルに、自分が浮気してきたことを告げるのだった。初めのうち嫉妬していたキャロルも、単にセックスをしたに過ぎない、キャロルへの愛に変わりはない、というボブの言葉にうごかされ、心を開いてくれたボブへの信頼が一段と強くなった。ボブの家のパーティーで、研修の話と、この一件のことを聞いた親友のテッド(エリオット・グールド)とアリス(ダイアン・キャノン)の夫婦は、非常なショックを受け、特に、常識家のアリスは、このショックから、テッドと夫婦の営みが出来なくなってしまった。ある晩、いつものように旅先から戻って家に入ったボブは、キャロルから、テニスのコーチと浮気していたと告げられた。この前の時とは反対に、今度はボブが怒りだしたが、たちまちキャロルを理解して、浮気の相手と意気投合しワインを飲みはじめるのだった。そんなある日、ボブとキャロルとテッドとアリス、2組の夫婦は、1人ずつの子供をつれそろって、ラスベガスに遊びに出かけた。ホテルの一室でワインを飲みながら話し合っている最中、テッドが、最近マイアミで浮気したことを公開した。すると、アリスが突然、服を脱ぎ始め、愛する者同士の乱交パーティーを提案した。しばらくの間、ためらっていた3人も、愛の自由と解放の精神にそくして、さっそく夫婦交換のベッド・イン。翌朝、何かから解放されたようなさわやかな顔をした4人は、そろって愛の歌を合唱しながらホテルから出て行くのだった。(コロムビア配給*1時間45分) 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1969年
製作国
上映時間 104
カテゴリ コメディ
チケット 前売りチケットを購入する