閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「ゴールデン・エイティーズ」(1986)

0点--
ベルギー生まれの女流監督C・アケルマンが、今までの実験的な作風から一変して撮り上げたミュージカル・コメディ。パリの地下街に集まった高級ブティックや美容院の人々がにぎやかな恋愛模様を展開する。

あらすじ

レ・アールのフォーラムを思わせる地下ブティック街。ジャンヌ(デルフィーヌ・セイリグ)とシュワルツ(シャルル・デネール)夫妻が経営する高級ブティックとリリ(ファニー・コタンソン)経営の美容室が大階段をはさんで並び、向いのシルヴィ(ミリアム・ボワイエ)が経営するカフェに常連客が集まる。ジャンヌとシュワルツ氏の息子ロベール(ニコラ・トロン)は、リリを思っているが、リリは、家主のギャング、ムッシュ・ジャン(ジャン・フランソワ・バルメール)にも思われ、ジャンはリリを独占したいと思っている。そして、美容院で働くマド(リオ)はロベールに夢中。そんなころ、ジャンヌのもとに30年前の恋人、アメリカ人のイーライ(ジョン・ベリー)が現われ、ジャンヌの心は動揺する。自分の恋しか目に入らないジャンヌだが、ロベールを愛するマドの悩みを聞き、「恋はどうにもならない」となぐさめる。やがて、リリの愛を得られないロベールが、一時の思いつきで、マドとの結婚を決意し、マドは幸福感に満たされる。翌日、イーライとジャンヌが再会。一方、リリに恋するジャンは、リリとロベールのことが気になり、美容室を破壊。ジャンヌはイーライの求婚を断り、イーライはリリと遠くへ行ってしまう。それから3ヵ月。ロベールとマドの結婚式を明日にひかえた日、ロベールのもとにリリが戻る。本当に愛していたのはあなただというリリ。ロベールは彼女を抱きよせる。そんな二人の姿を見てしまったマドは悲しみのうちにロベールを諦める決心をする。マドをなぐさめるジャンヌ。やがて、また、平静な日々が戻ってくる。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1986年
製作国 ベルギー=仏=スイス
上映時間 96
カテゴリ コメディ
チケット 前売りチケットを購入する