閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「シティー・オブ・フューリー」(1988)

0点--
兄弟のように強い絆で結ばれた3人の男たちが、ある男の手引きで一獲千金を狙ってニセ札の取引に手を染める。だがその男の裏切りに合って警察から追われることになり、事件の黒幕へ闘いを挑んでいく。香港ノワールの流れをくむハードボイルド・アクション。

あらすじ

ラッキー(マイケル・ウォン)、チートー(レイ・チーホン)、そしてチック(フィリップ・チャン)の三人は、子供の頃から兄弟のように強い絆で結ばれていた。三人は、チートーの従兄弟のチャン(チャン・スー・クウェン)の斡旋で台湾シンジケートと偽札の取り引きをしようとしていた。しかし、チャンは彼らを裏切り、警察へ密告した。取り引きの夜、三人とチャンは、ワゴン車にラッキーの妻・ヨーモイを残し、現場へ向かうが、そこを警察に踏み込まれ、激しい銃撃戦の末、ヨーモイに助けられどうにか脱出する。しかし、逃走の途中で怪我をしたラッキーが警察に捕らえられてしまう。逃走用の船に乗ったチートー、チック、チャン、ヨーモイの4人だったが、かつてヨーモイの恋人であったチートーは、彼女への想いから復縁を迫った。それに怒ったチックは、チートーに銃を向けるが、逆にチャンに撃たれ、暗闇の海に消えていった。半狂乱のヨーモイもチャンに打ち殺されてしまう。数年後、刑を終えて刑務所から出てきたラッキーをチートーが迎えた。彼はラッキーに、チックは逃走中に死に、ヨーモイは行方不明になったと伝える。一方、チャンに撃たれながらも九死に一生を得たチックは、息子のウェン(ブルース・マン)を従えて、自分を殺そうとしたチャンとチートーに復讐するために香港に戻ってきた。その夜、レストランでチートーがウェンに狙撃され、ラッキーはチートーが撃たれたことで、彼の態度に疑問を持ちはじめる。さらに、チックが香港に戻ってきたことに気付いたチャンは、チック親子を殺すべく刺客を送るのだった。ラッキー、チートー、チックの三人の思惑はさまざまに絡み合い、さらにラッキーまでも殺そうと企むチャンの存在もあって、彼らの運命は次第に狂っていく。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1988年
製作国 香港
上映時間 93
カテゴリ アクション
チケット 前売りチケットを購入する