閉じるボタン
【重要】「ぴあ映画生活」サービス終了のお知らせ

「サミー&ロージィ それぞれの不倫」(1987)

0点--
「マイ・ビューティフル・ランドレット」の大ヒット以来、たて続けにロンドンの下町を舞台にゲイやインド人などの少数派を描いていた頃のS・フリアーズ監督作品。ラフィ・ラウマンは息子のサミーと妻ロージィを訪ねてイギリスへやって来た。だが、お互いフリーな恋愛関係を黙認し合う息子たちが気に入らない。一方、以前から父に反感を抱いていたサミーは、ロージィから父がかつて政界の対立者の殺害にかかわっていたと聞かされて動揺する。折しも町では暴動が起きようとしていた。

あらすじ

息子のサミー(アユ・カーン・ディーン)を訪ねてインドからイギリスにやってきたラフィ(シャーシー・カプール)は、愛人のアナ(ウェンデル・ガゼル)と遊んでいて空港に迎えに来ない息子に苛立ち、ひとりタクシーでサミー夫婦の家に向かうが、車窓から眺めるロンドンの風景は、昔とは似ても似つかなぬ様相を呈していた。サミーの妻ロージィ(フランシス・バーバーは)、一見ラフィとうまくいっていたが、用心深い彼女の性格は、物騒なこの街を出てゆくために援助してやるというラフィの申し出を断わり、さらに彼が、かつて政治家の殺人事件にかかわっていることを知るや、途端に態度を硬化させる。ラフィはある日、昔の恋人だったアリス(クレア・ブルーム)のもとを訪ねる。その道中、ラフィはダニー(ローランド・ギフト)という魅力的で不思議な黒人青年と知り合った。一方のアリスは昔と変わらぬ愛で彼を迎えるのだった。サミーとロージーがラフィのためにパーティを開いた夜、サミーとの関係がしっくりいっていないロージィは、ダニーと甘美な一夜を過ごす。しかし彼らのそんな関係も、時の流れに空しく押し流され、それぞれ何もなかったのように、もとの生活に戻ってゆくのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1987年
製作国
上映時間 100
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する