閉じるボタン
【重要】「ぴあ映画生活」サービス終了のお知らせ

「想い出のジュエル」(1989)

60点60
オフ・ブロードウェイで人気を博した戯曲の映画化。社交界に出入りするリッチな大学生マット。彼はある日、ジュエルという女性と出会い、彼女に惹かれていく。しかし、マットにはフィアンセがおり、ジュエルには結婚した経験があった。M・リングウォルドが初の汚れ役に挑戦。

あらすじ

発明家を夢見るリッチな大学生マット・ラーキン(アンドリュー・マッカーシー)は、ある日ケンタッキーの田舎家でジュエル(モリー・リングウォルド)という女の子に出会う。マットにはフィアンセのアリス(チアラ・ピーコック)がいるが、2人は愛し合うようになる。マットの部屋を訪れたジュエルはアリスの写真を見てしまい、怒って帰る。ジュエルは部屋で孤独に耽り、マットはガールフレンド達と馬鹿騒ぎをする。ある夜、山小屋で楽しんでいるマットの前にジュエルが現われ、罵声を浴びせて小屋を出る。追ったマットはジュエルに謝り、彼女は去る。翌朝ジュエルの部屋を訪れたマットは彼女が別の所にいると知り、新居を訪ねる。部屋にはグリーンというジュエルの元の夫がいた。現われた彼女は自分をもう追わないでとマットに告げる。1年後、スケート場でマットは別の男と一緒のジュエルと再会、短く言葉を交わした。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1989年
製作国
上映時間 98
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する