閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「かんばれ!ベアーズ 大旋風」(1978)

60点60
大ヒットした熱血野球コメディのシリーズ第3作。うさん臭い芸能エージェントのマーヴィンに半ばだまされるようなかたちで、日本に遠征することになったベアーズが野球のみならず、なんとアントニオ猪木を相手にプロレスでも大活躍。日本チームの監督との友情によって、マーヴィンも心を入れかえていく。

あらすじ

芸能エージェントであるマービン(トニー・カーティス)は、これといったお客にもありつけず、その日もユウウツな顔でヒゲをそっていた。その時、つけっ放しのテレビで、チビッ子野球チーム、ベアーズのメンバーが、日本チームの挑戦を受けたいが、旅費がなくて困っているということを聞き、さっそく金儲けのアイデアがひめめき、ビバリー・ヒルズのホテルに少年たちを招く。静かなホテルに、ドヤドヤと入ってきたメンバーは、チンピラ暴走族ケ′リー(ジャッキー・アール・ヘイリー)、肥満児エンゲルバーグ(ジェフリー・ルイス・スター)、秀才型のティリヤード(マッシュー・ダグラス・アントン)、クリスチャンのフェルドマン(ブレッド・マルクス)、ルディ(デイヴィッド・ポロック)、トビー(デイヴィッド・スタンボー)という面々だ。マービンは、ベアーズのマネジャーにおさまり、かくして、日本へ向かった。空港では、日本チームと清水監督(若山富三郎)の歓迎をうけ、無事、東京の宿へ着く。翌日、時差のせいで敗退したべアーズの面々は、マービンがとんだ喰わせものであること、テレビ局は、どこも契約しようとしていないことを知る。そこでマービンは再度、大芝居を打つことになる。それは、対戦相手に逃げられて困っているレスラーのアントニオ猪木にさしかえ選手を提供する事を条件にテレビ局に「ベアーズ」の宇宙中継を約束させる、というものであった。アントニオ猪木に対戦すべく登場したレスラーは、他ならぬマービン自身で、その試合を見ていたベアーズの面々は、リングによじのぼり、猪木に噛みついたり、しゃぶりつく始末。この夜の実況が宇宙中継で放映されていたため、たちまちベアーズはニュースのトップに躍りでた。得意満面のマービンは、売り込み作戦をさらに続けた。そしていよいよべアーズと日本チームとの対戦の日、意外な試合運びになるが、結局、清水監督の思いがけぬ友情がマービンを支え、彼の救いがたい心を入れかえさせる。だった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1978年
製作国
上映時間 92
カテゴリ コメディ
チケット 前売りチケットを購入する