閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「ドライブ・アカデミー 全員免停」(1985)

0点--
免許停止者専用の自動車学校に入るハメになったトラック運転手の青年。生徒全員を不合格にしようとする鬼教官や女判事をめぐって、彼の身に次々と騒動が持ち上がる。全編ギャグとジョークの連発、抱腹絶倒のコメディだ。

あらすじ

カリフォルニアの白バイ警官ジョン・ハリク(ジェイムズ・キーチ)は、昇進の知らせを署長から聞きゴキゲン。名コンビの婦警ヴァージニア(ライザ・ハート・キャロル)は、1000CCのオートバイを飛ばす男まさりのやり手で、ハリクにホの字。園芸店でトラック運転手をしているダナ・キャノン(ジョン・マレイ(2))は、ちょっとしたいざこざをハリクと起こし、免停になってしまった。キャノンが連れてこられた自動車教習学校は、あらゆる交通法違反で免停になった人々でいっぱい。なんと、キャノンの教官にはハリクとヴァージニアがつくことになった。NASAで働く自然ロケット科学者というおかしな女の子エイミー(ジェニファー・ティリー)と、キャノンは親しくなる。免停族に判決を下す女性判事ネドラ(サリー・ケラーマン)は、ハリクにドライバーズ・アカデミーの法則を悪用して一儲けしようともちかけた。30日間にわたる免許をとりもどすための講習後に行なわれる試験にパスできないと、免許証再発行は不可能で、車は押収され競売に出されてしまうことになっている。ネドラは、ハリクに免停族たちを厳しくしぼり、絶対パスさせず、車を押収して競売し、そのお金を2人で山わけしようというのだ。その方法で一財産作った人はいっぱいいるとハリクをけしかけた。実はハリクは性倒錯者で、ネドラにムチうたれ快感を得ていた。免停族たちは、ハリクとネドラの企みを知り、2人のベッド・ルームにド近眼のロレッタぱあさん(ネドラ・ボルツ)を侵入させ、帳簿獲得に成功。帳簿を盗まれた事に気づいたハリクとキャノンたちの大追跡戦が始まった。キャノンは、ハリクの悪業を署長に暴露、晴れて、免停族たちは、ドライプ・アカデミーを卒業するのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1985年
製作国
上映時間 90
カテゴリ コメディ
チケット 前売りチケットを購入する