閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「妖艶毒婦伝・お勝兇状旅」(1969)

0点--
宮園純子主演の“妖艶毒婦伝“シリーズ第3作。内容は前2作と同工異曲で特筆すべきことはないが、ただ1ヵ所、会社を驚かせたカットがあった。2階建ての宿屋で登場人物が動き回る様を、ロングの俯瞰で捉えたワン・ショット。この作品は監督・中川信夫のメジャー映画会社での最後の仕事となった。

あらすじ

上州沼田藩の大納戸役・真壁主計の娘お勝は、美しい上に、甲源一刀流秘伝の回転横一閃斬りの使い手だった。そして、許婚の三上新一郎との結婚を目前に控えていた。その頃、同藩江戸詰家老田代重太夫は、御用商人・島田屋と結託、御禁制の煙草、絹織物を江戸表に横流ししていた。それを知った主計は、不正を暴いたことから、捕えられ、妻のさわを自らの手で刺し、「仏壇の過去帳に……」とお勝に遺言して自害した。田代はお勝の体をもて遊びながら罪状書のありかを聞くが、お勝は口を割らなかった。そこで、田代は、新三郎の前科をネタに味方に引き入れた。そして新三郎は故意にお勝を逃がした。何も知らないお勝は、国許へ急ぐ田代を追って旅に出た。途中、新三郎の紹介で寄った板橋宿の矢場の女将・お京は、新三郎の女だった。二人は、お勝の持物を探ったが、罪状書はなかった。そして、田代の配下に不意に襲われたお勝は、傷を負いながらも、得意の技で危機を脱した。そして、雲居の湯で、傷を癒していたお勝は、新三郎に襲われた。傷のため、思うように動けないお勝。だが、お勝は犬神隼人に助けられた。隼人は昔、沼田藩で剣道師範をした身で、お勝に協力を約した。そのうち、田代の一行は、沼田に到着し、新三郎の報告を受けた田代は、剣道師範・出雲邦典を味方に引き入れ、待ち構えていた。その夜、お勝は、田代の役宅に忍びこんだ。配下を斬り捨て、煙草工場の職人を逃がしたお勝の前に、出雲が立ち塞がった。しかし、お勝は、隼人にその場を救われた。そして、田代を追いつめたお勝は、許しを乞う田代の言葉に耳を貸さず、田代を一寸刻みに斬り裂いていった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1969年
製作国 日本
配給 東映東京
上映時間 84
カテゴリ バイオレンス
チケット 前売りチケットを購入する