閉じるボタン

「妖艶毒婦伝・人斬りお勝」(1969)

0点--
宮園純子主演の“妖艶毒婦“シリーズ第2作。演出はベテラン中川信夫があたっている。甲源一刀流の娘・お勝の受難と復讐の物語。東映は同じく藤純子の“緋牡丹お竜“シリーズとともにドル箱シリーズ化を狙ったが、3作で打ち止めとなった。第1作の監督・石川義寛は中川の弟子で、「東海道四谷怪談」のシナリオにも参加している。

あらすじ

甲府勤番頭塩崎は、江戸表への帰参を目論み、農民を叩いては、江戸老中に賄賂を送っていた。甲源一刀流道場主真壁は、稽古に来た塩崎を叩きのめし、悪事を指摘した。だが、悪事発覚を怖れる塩崎は、真壁殺しを企み、金に困っている息子の林太郎を竜王一家の賭場に誘いこんだ。この一件がもとで、真壁は牢に入れられリンチを浴びて他界、養女お勝も汚され、牢に入れられてしまった。折しも、塩崎は江戸表へ帰参し、復讐に燃えるお勝は、女旅鴉のお留以の手を借り牢を破った。だが、街道には、仇討ちを恐れる塩崎により、お勝を手配する高札が立てられていた。その頃、塩崎はますます本性をむきだし、金目あてに豪商淡路屋を殺し、お勝の仕業にまつりあげていた。お勝はお留以と共に、賞金目当ての天馬に捕ったが、北町奉行は、公儀の威信にかけて、塩崎とお勝を葬ろうとしていた。しかし、お勝は天馬から逃れると、黒装束に身を包み塩崎を斬り倒した。そして、駈けつけた捕方を振りきると何処へともなく姿を消していった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1969年
製作国 日本
配給 東映東京
上映時間 89
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する