閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「夢見通りの人々」(1989)

0点--
宮本輝の同名小説を森崎東が映画化した人情喜劇。詩人志望の青年と美容師見習いの女性、そして元ヤクザでいかつい肉屋の長男の三角関係を中心に、大阪・鶴橋の商店街“夢見通り“に住む、ひと癖もふた癖もある愛すべき欠陥人間たちの群像を描き出している。劇団SETの小倉久寛が初主演に挑戦。さえない詩人のタマゴと嫌われ者の肉屋が、美容師見習い嬢をともに好きになって大げんかするものの、ともにふられて慰め合う。そんなシーンに森崎監督一流のペーソスがにじむ。

あらすじ

大阪の夢見通り商店街に春太は住んでいた。詩人志望で教材のセールスをしているが性格はお人好し。頭が大きくずんぐりむっくりで容姿に自信はなかったが、向かいの美容院で働く美人の光子に恋していた。ある日タバコ屋が地上げに絡んで暴走族に壊され、一人暮らしのトミ婆さんがショックで入院した。付き添って看病してくれた春太に息子の面影をみた婆さんは、財産を春太に譲るという遺言を残して死んだが、その紙切れは人目につかず掃除婦のおばさんに捨てられてしまった。中華料理店を営む広瀬家では夫婦喧嘩が絶えず、いつも春太が仲裁していた。また、パチンコ屋の娘・理恵が妊娠し、相手の質屋の息子・哲太と駆け落ちしたときも、二人がまだ高校生だったので、よき理解者として相談にのってやった。しかし、自分のこととなると駄目で、なかなか光子に気持ちを打ち明けられない。ようやく光子に故郷を連想させる波の音の入ったテープを贈るが、その頃には元ヤクザだった肉屋の竜一も光子にアタックしていた。しかも刺青を取ったら結婚してもいいとほのめかされていたのだ。春太は光子と竜一の仲を知らず刺青のことを医者に相談してやった。だが竜一が波の音のテープを持っているのを不信に思い、「刺青を取ると死ぬかもしれない」と嘘をついた。しかし、光子は二人を残して突然故郷へ帰ってしまった。春太と竜一はやがて失恋者同志打ちとけた。春太が光子にふられたのはカメラマンの森とホモ仲だったからという噂が流れた。確かに森はホモだったが、芸術を愛するいい人だった。春太は夢見通り商店街を出ていこうとも考えたが、残る決心をしたのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1989年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 95
カテゴリ コメディ
チケット 前売りチケットを購入する