閉じるボタン
【重要】「ぴあ映画生活」サービス終了のお知らせ

「森繁の新入社員」(1955)

0点--
長い失業生活をはなれ、保険会社の外務員となった豊臣三太郎は、次から次へと女難におそわれ、メチャクチャな新入社員生活が始まる。新東宝の売りものの一つだった森繁久彌主演のコメディ・シリーズの一編。まだ若い高島忠夫が初々しい演技を見せる。

あらすじ

豊臣三太郎は久しい失業生活と別れ、グット生命という保険会社の渋谷出張所外務員となった。所長淀君子女史は彼に物凄いウィンクを送る。彼と同じ新入社員静香時子の許婚のカメラマン義経八郎は、「スマート」婦人雑誌社で豊臣の恋人で敏腕の婦人記者北条サマ子嬢とコンビで活躍していた。或る日産婦人科の工藤助男医博邸に勢子夫人をインタビューしたが、夫人は婦人科医の妻に嫉妬はタブーであると論じ二人を感服させた。一方豊臣は易者の竜雲堂のゴ託宜で、先輩工藤博士邸に保険勧誘におもむいたが、折も折同家は夫人のヤキモチで夫婦喧嘩の最中、やっと仲裁に入った豊臣に博士はお礼として銀座のバー「バタフライ」のマダムを紹介してくれた。そこで浜田蝶子マダムを前に滔々と弁舌をふるっている時、突如パパさんのお成り、現われたのが何と社長の郡司氏であろうとは!豊臣の成績はこうして落ちる一方だが、薄給のために八郎と結婚できぬ時子のために、折角の口を譲ってやったりする。ところがお礼に時子嬢が豊臣のアパートを訪れたのを見て、サマ子嬢は嫉妬にかられてカンカンに怒ってしまう。しかし間もなく誤解は晴れ、雨降って地固るの態となる。だが人情家豊臣の勧誘成績はサッパリ。ところが或る日健康保険の奨励者と云われる柳厚生大臣と面会して勧誘中、突如快漢が短刀を持って侵入、それを取り押えた豊臣はすっかり有名になり、社長から直々の金一封を受け正社員に採用された。間もなくアパートには二組の新婚夫婦が誕生した。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1955年
製作国 日本
配給 新東宝
上映時間 93
カテゴリ コメディ
チケット 前売りチケットを購入する