閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「息子の青春」(1952)

【DVD発売中】

50点50
小説家・越智英夫は『息子の青春』という小説を書こうとしている。18歳の長男が髪をのばしたり、女友だちとつきあい始めたりしたことがきっかけだった。そんな時、次男が不良の友人の巻きぞえで、警察に保護検束される……。林房雄の家庭小説を映画化した小林正樹の処女作。地味な小品ながら、青春や親子愛をみずみずしく描いている。

あらすじ

小説家越智英夫は、「息子の青春」という小説を書こうと思っている。それは、長男の春彦が十八歳になり、近頃頭の毛を伸ばしだしたりしたことによるのだった。それにどうやら仲の良い女の友達もいるらしい。そのうちに、質実剛健な無骨者になるだろうと思っていた次男の秋彦までが髪を伸ばしだして両親を驚かせた。やがて春彦の誕生日に、彼の女友達森川たみ子を招待して欲しいと彼自身から申し出るので、夫妻は快く承知してやった。誕生日の当日、春彦よりも夫妻の方がたみ子を心待ちにしていた。そしてたみ子が感じのよい娘なので、ほっと安心するのだった。誕生日の招待の返礼に、たみ子の家から春彦を歌舞伎座に招待してきた時には、初めて背広も作ってやった。そのうち、弟の秋彦があまり評判のよくない植村幸一と交際していることで、心配しなければならなくなった。そして遂に秋彦は、幸一の巻き添えで警察に保護検束された。幸一が江の島へ遊びに来た学生を脅迫して腕時計を奪ったという事件であるが、幸一の父泰三が頑強にそれを否定するので、二人とも釈放にならないのだった。植村泰三の言い分は、親爺くらい息子を信用してやらなければ、息子が本当の不良になる恐れがある、というものだった。越智はその親心にも頭を下げたが、彼が引き受けて警察へ掛け合い、幸一と秋彦を連れて帰ってきた。親たちは、その二人を温かく迎えてやるのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1952年
製作国 日本
配給 松竹大船
上映時間 44
カテゴリ ファミリー
チケット 前売りチケットを購入する