閉じるボタン

「民衆の敵〈1946年〉」(1946)

0点0
今井正の戦後第1作となった人間ドラマ。大戦末期、民間の肥料工場が財閥に吸収され、軍需用の化学工場に転換させられる。不自由な足をひきずって工場を守る工場長の金子は、上からの無理な増産命令にも従ってきた。そんな中、徴用工がケガをしてしまう。それを知った金子は社長・花園のもとへに乗り込むが、花園は裏で金子を失脚させようと悪だくみをしていて……。
製作年 1946年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 83
カテゴリ 社会派ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する