閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「美空ひばり・森進一の花と涙と炎」(1970)

0点--
日本舞踊家元の跡継ぎ娘・霞はバンド・マスターに熱をあげ家を出る決心をする。一方、弟子の喜三郎は霞と結婚して家元を乗っ取る計画をたてていた。バンド・マスターにふられた霞はある日、流しの歌手に出会う……。美空ひばり=森進一のコンビによる歌謡映画。

あらすじ

日本舞踊藤花流の家元藤花清十郎は娘霞に再興の夢を託していた。しかし、霞はバンドマスターの高山浩との恋を成就させようと家を出る決意であった。そんな折、弟子の喜三郎は霞との結婚、家元の乗っ取りを企んでいた。数日後、霞は浩から突然別れ話をつきつけられ、慣れぬ酒に酔いしれた。そんな時、会ったのが流しの榊竜介だった。竜介の唄は傷心の霞の胸に迫り、その唄に対するひたむきな情熱に感動した霞は、後援を約束するのだった。やがて、霞は家元になることを決意。一方竜介はテレビ出演にまで名を高めた。霞と結婚できないことを知った喜三郎は、藤花流の別派をつくり、このショックで清十郎は倒れた。この分裂さわぎで霞は、喜三郎一派と決着をつけるべく、家元襲名の会にすべての性根を傾けた。ある夜、霞は浩が自分を捨てたのは清十郎の指金であることを知ると、「僕の好きな人は姉さんだ」と絶叫する竜介をやさしくさとすのだった。竜介は家元襲名の会の費用にと、自分をレコード会社に身売した五百万円を霞のもとにとどけた。竜介の好意に涙を流す霞。そして、襲名の日、霞は家紋“鶴”の創作舞踊を涙と女の意地にかけて踊った。喜ぶ清十郎、浩、そして竜介は淋しくその舞い姿を見るのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1970年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 95
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する