閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「アーノルド・シュワルツェネッガーのキッチン・ウォーズ彼女の恋は五ツ星」(1992)

0点--
A・シュワルツェネッガーが、念願の監督業に初めてチャレンジしたラブ・コメディ。彼自身は出演していない。TVの料理番組で人気を博す女性パーソナリティーのエリザベスは、孤独な生活を送っている。そんなある日、人命救助で英雄に祭り上げられたレスキュー隊員と共演した彼女は、彼に少しずつ惹かれていき……。

あらすじ

エリザベス(ダイアン・キャノン)は全米で絶大な人気を誇る料理番組の美人パーソナリティー。毎週、コネチカットの彼女の自宅から放映されるこの番組は、家族思いの彼女の人柄が高視聴率のもとになっていた。しかし、何もかもうまくいっているように見えるこの番組の裏には、絶対に明かしてはならない重大な秘密があった。一方、彼女の番組プロデューサー、アレクサンダー(トニー・カーティス)は、あるテレビのニュース番組を見て、とてつもないことを思いついていた。そのニュースとは、コロラドのレンジャー部隊の、ジョーンズ(クリス・クリストファーソン)が行方不明の子供を救助し、一躍全米の大スターになったというものだった。アレクサンダーは、ジョーンズを番組に引っ張り出し、もっと視聴率を上げようと企んだのだ。しかし、この思惑とは裏腹に、ジョーンズとエリザベスは、なぜか恋に落ちてしまう。そして明かしてはならないはずの秘密もジョーンズに漏れてしまう。その秘密とは、エリザベスは料理が作れないというものだった。彼女は家庭的でも、料理上手でもなく、ましてやコネチカットの田舎に住んでるわけでもなかったのだ。ある日、エリザベスは演出された自分のイメージに嫌気がさし、本当のことを視聴者に暴露する。番組はメチャメチャになってしまうが、結局、ジョーンズとエリザベスは結ばれる。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1992年
製作国
上映時間 93
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する