閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「鬼喰う鬼」(1989)

0点--
香港映画界の重鎮、サモ・ハン・キンポーが製作総指揮・主演にと大活躍する香港映画お得意のキョンシー・ホラー・アクション。原題からも想像されるように、キンポーが1981年に製作した「鬼打鬼」の続編にあたるが、ストーリーはまったく関係なし。自分が死んだことを隠して盲目の母親の世話をする薄幸な女幽霊のシュホ。そんな彼女に同情する若者ポウは、彼女の役に立とうとするうちに恋に落ちてしまう……。ふんだんに盛り込まれたSFXシーン、摩訶不思議なキョンシーたちの暗躍と、香港映画らしいエンターテインメント作品になっている。キンポーの相手役に大抜擢されたジャニス・オンの美貌も見どころの一つ。

あらすじ

ポウ(サモ・ハン・キンポー)は貧乏なため婚約者のチュウ(ミミ・カン)の親に嫌われている。何とか金持ちのライヴァル、シイ(イップ・ウェンゾウ)を出し抜こうとするが、逆にシイと大喧嘩になり、怒ったチュウの父に端午の節句までに金を作らねば婚約解消だと言われてしまう。困ったポウは師匠の霊幻道士であるカウ(ラム・チェンイン)に金を借りて屋台を開くが、すぐ前にシイの豪華な店がオープン、カウまでそっちに行ってしまい、唯一来たのは女幽霊のシュホ(ジャニス・オン)だけだった。その後を追って彼女が盲目の母の面倒を見るために成仏できないでいることを知って同情したポウは従兄弟に化けて母娘の世話をすることにするが、そうとは知らないカウはシュホに偶然出会って幽霊退治をしようとし、驚いたポウは思わず師匠であるカウを殴ってしまう。結局シュホと母娘はカウのもとに引き取られることになるが、その間にもシイ、そして彼と組んだ悪法師の妖術がポウを狙っていた。幽体離脱で難を逃れたポウの魂は体に戻ることができなくなり、代わりにシュホの霊が彼の体に入る。今度はシイと悪法師はシュホを襲い、そこへ駆けつけたカウとポウの弟分のホイはポウの魂を体に戻し、彼女を救う。が、まだ懲りないシイと悪法師は毒素を使ってチュウの父親に呪いをかけ、カウ、ポウ、ホイの三人は彼を救うために悪法師の根城である洞窟に向かう。そこで妖術合戦を繰り広げた末に見事彼を救い出すのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1989年
製作国 香港
上映時間 99
カテゴリ ホラー
チケット 前売りチケットを購入する