閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「若さま侍捕物帖 深夜の死美人」(1957)

0点--
大工の棟梁・政五郎、彼の娘・あおいと続いた殺人事件。そして骨董屋・金政の娘も魔の手によって殺害され……。事件解明に乗り出した若さまは、政五郎の祖先が東照宮の御宝殿建設に立ち会っていたことと、そこに宝物が隠されていることを知る。スリルとサスペンスに満ちた捕物時代劇。

あらすじ

花のお江戸は春祭り、だが一夜明ければ無気味な殺人事件の恐怖がひろがった。第一の犠牲者は大工の棟梁の政五郎。遠州屋小吉は政五郎の娘おあいと熱い仲の旗本の息子真之助がホシとにらむが的はずれ。続いて当のおあいが殺された。事件の背景は意外に複雑、小吉はついに若さまにお智恵拝借に参上。その若さまはもの好きにも巾着切りのおゆみの危難を救ったことから、覆面の侍に斬りつけられたり謎の男、骨董屋の金政重右衛門に出会ったりする。そして第三の殺人。金正の娘おさとである。だが何故か金正は娘殺しに触れたがらない。彼の部屋で若さまの眼に止ったのが、彼が政五郎から買った古ついたて。それには古びた絵図面が無造作にはられてあったが、金正がそれをはいで持っていたのをおゆみが森田道場の兄弟に頼まれてスリ取ったのだった。事件は益々複雑怪奇。がたまたま政五郎一家の生き残り政太郎の口から、東照宮の御宝蔵を造ったのは一家の祖先であることをきく。古ついたての絵図面には実は御宝蔵に隠された宝物のありかが記されてあったのだ。場所は変ってここは御宝蔵。森田兄弟と金正親子が秘宝を求めて血眼になってやってきた。そして待ちうけた若さまの神道流一文字崩しが冴えわたり、欲に狂った一味は宝の山を前にして斬り倒されて行く。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1957年
製作国 日本
配給 東映京都
上映時間 58
カテゴリ サスペンス/ミステリー
チケット 前売りチケットを購入する