閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「若き日は悲し」(1954)

0点--
貧しいが明るく育つ園田一郎、恵子の兄妹。恵子には音楽学校へ通いたいという夢があったが、一郎の親友で恵まれた暮らしをする正二と結婚することによってその夢がかないそうになる。だが一郎はひそかに恵子を愛し始めていた。実は、彼らは本当の兄妹ではなかった。美空ひばり主演の悲恋メロドラマ。

あらすじ

地方の或る港町に若草会と呼ばれる若人たちの集りがあった。会長の織田をはじめ、副会長の園田一郎、その妹で音楽すきの恵子、恵子と同じ高校生の天野幸子、その兄で東京の大学に行っている一郎の親友正二、そのほか陣出、中原、塩原、夏子、トミ子、丸目らの会員は、町を明るくし、自分たちの成長のため熱心に会合していた。一郎の家は牛乳屋で、父と恵子の三人ぐらしだが、商売は面白くなく、音楽学校へ行きたいという恵子の望みも満たされそうにはなかった。正二の父は回漕店を営み、恵まれた豊かな暮しである。正二は恵子が好きだった。そして正二の父のはからいで二人は結婚することになった。恵子は音楽学校へ行かして貰えることになって大喜びである。だが宗一と一郎の心は暗かった。というのは一郎は宗一の知人の子供で、宗一は将来彼女と一郎を結婚させたいと思っていたからである。若草会の会員たちは或る日、自殺しようとした藤川京子を助けたが、その日、恵子も一郎が真の兄でない事を知った。正二も恵子も悩んだ。ひそかに恵子を愛していた一郎も苦しんだ。正二は酒に溺れ、不良の仲間と交際するようになった。一郎は兄として恵子と正二の仲を結ぼうと努力した。彼は正二の身がわりになって不良達と渡り合い、殺されてしまった。恵子は残された一郎の日記を前に泣き崩れた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1954年
製作国 日本
配給 松竹大船
上映時間 97
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する