閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「若君と次男坊」(1961)

0点--
酒色道修行のため江戸入りした南部盛岡二十万石の若君・葵之介。金に目のない指導役の若者・圭次郎と意気統合、二人してお遊び修行に出かける。ふとしたことから圭次郎は、藩の用材を横流ししていた材木商の不正を知るが、逆に彼らに金で抱き込まれ、葵之介に罠を仕掛ける。松方弘樹の放蕩青年ぶりが見もの。

あらすじ

南部盛岡二十万石の若君葵之介は、父陸奥守に似て武芸一筋の堅物、一世一代のお見合に失敗したのも情操教育の不足という母お秋の方の肝入で、酒色道修業のため江戸表へ出されることになった。江戸家老浜島刑部は指導役に武家の次男坊望月圭次郎を選んだ。金が総てと割りきっている反面、足の不自由な兄慎一郎の就職資金を得ようと苦心しているウエットな所もある若者だ。江戸入した葵之介がふとしたことから馬と着物を盗まれ、知らずにそれを買って着ていた圭次郎が葵之介とバッタリ会ったことから互に盗人呼ばわりの喧嘩になったが、その後意気投合した二人は、早速お遊び修業に出掛けた。芸者のお色気攻勢にも酒にもビクともしなかった葵之介が、掛小屋で花簪を拾ったことから踊り子お糸に一目ぼれするほどの心境の変化。圭次郎は材木商盤城屋の娘お絹と知り合ったが、その財産を物にしようと狙い、手段として刑部と盤城屋が結託して藩の用材を横流ししている不正を利用しようとした。これを知った盤城屋達は、偽の用材明細書を作ると共に圭次郎を金で抱きこみ、葵之介の闇討を計った。圭次郎は良心の呵責に苦しみながらも兄のために葵之介をおびき出したが合図を間違い、自分が材木の下敷になってしまった。葵之介に助けられた圭次郎は二人で力を合せて刺客から逃れたが、盤城屋一味はお糸を人質にして二人を霊岸島の幽霊船へおびき出した。船には恐しい罠が仕掛けてあり、二人は窮地に陥ったが、圭次郎の活躍と、葵之介の働きで、一味の策略も水泡に帰し、葵之介の機転で彼等は退散した。誰もいなくなった船上で、二人は向き合った。「金の亡者奴!」「世間知らずのわからずや奴!」組み合う二人をお糸が慌ててとめた。南部藩邸に戻った葵之介は、お糸を嫁にすると言いはったがお秋の方は頑としてうけつけなかった。その時入ってきた圭次郎がお糸の自殺をしらせたので一同は愕然となった。こんなことになるなら……と嘆くお秋の方の言葉をきくや、圭次郎は襖を開けた。見違えるように美しくなった武家風の娘が両手をついた。教育係彦太夫の養女になったお糸だった。街道に出た圭次郎、葵之介の前を、新しく仕官した慎一郎たちの行列が進んできた。圭次郎お絹の顔も明るかった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1961年
製作国 日本
配給 東映京都
上映時間 88
カテゴリ サスペンス/ミステリー
チケット 前売りチケットを購入する