閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「若桜千両槍」(1960)

0点--
槍の権三と呼ばれる槍の名手、笹野権三郎の活躍を描いた時代劇。宝蔵院流をはじめ武芸百般を究めた権三郎は、紀州藩の槍術指南役となるが、御前試合で敗れた羽織組と彼を慕う叔父の娘・雪乃に横恋慕する彦太郎の恨みを買い、江戸へ逃れる。だがその間に叔父が羽織組らの手で殺されてしまう。

あらすじ

笹野権三郎は、九州におもむき槍の名人高田又兵衛の門をたたき、宝蔵院流の奥義はもちろん武芸百般を究めた。紀州藩主紀伊大納言頼宣の御前試合で、家老の権政を笠にきる羽織組の用心棒種田五郎左衛門を相手どり、槍術指南役をかち得た。しかし、羽織組の怨みと、権三郎に思いを寄せる叔父権太夫の娘雪乃に横恋慕する彦太郎のねたみを買い、乱闘を演じ、藩を離れることになった。権三郎は江戸に向った。侠客楯の富吉の世話になり、富吉の妹お里に慕われるようになった。権三郎が発ってしばらくして、権太夫は彦太郎と羽織組のため殺され、雪乃は逃れて江戸へ向っていた。彦太郎と羽織組も江戸入りし、武家政一家に転りこんでいた。権三郎は吉原で、雪乃に会った。一切を聞き、復讐を誓った。紀州の江戸屋敷に伺候し、頼宣に権太夫の仇討ちを誓い、武家政一家に走る。雪乃も後を追った。武家政一家は百人余り、彦太郎と羽織組も一斉に、お里を囮に刀を抜いた。が、富吉一家の助勢を受けた権三郎は、宝蔵院流奥伝の槍を駆使して活躍、めでたく権太夫の仇を討った。自ら馬を馳せた頼宣が、権三郎、雪乃に仇討免許状を投げつけた。感泣する二人の頭上で、富吉一家の手が鳴った。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1960年
製作国 日本
配給 東映京都
上映時間 86
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する