閉じるボタン
【重要】「ぴあ映画生活」サービス終了のお知らせ

「若さま侍捕物帖 魔の死美人屋敷」(1956)

0点--
大奥で女中をする、おいくが実家の蔵で殺されるという事件が起きる。さっそく捜査に乗り出した若さまは、第一発見者の文次郎が犯人を知っているとにらむが、彼も殺されてしまう。そんな折、将軍の妾おえんの父・阿部伊予之助の命で捜査が打ち切られ……。若さまが幕府転覆の陰謀を暴く推理時代劇。

あらすじ

船宿喜仙の二階で一人娘のおいとを相手に、相変らずノンビリ盃を傾けていた若さまは、遠州屋小吉親分から絹物問屋山城屋宗兵衛の娘おいく殺しの一件を聞いた。土蔵の中で胸に矢を射込まれて殺されているのを婚約者であった文次郎が発見したという。おいくは奥女中で、宿下り中だったが、父親宗兵衛の話によると身重な体で夜中に突然帰って来て「殺される」と脅えるので土蔵にかくまっていたというのである。一方山城屋では古参奥女中の増山が宗兵衛に何故か“自殺”説を強調していた。現場を調べた若さまは、文次郎が犯人を知りながら脅迫されて黙っていることを知ったが、やがて文次郎も殺された。おいくが仕えていた将軍の愛妾おえんの方の秘密を知る女中おみよは、使いの途中で女形瀬川路之助に誘惑されたが間一髪、巾着切りの野ざらし伝三に救われる。おみよが連れ込まれた屋敷の主阿部伊予之助はおえんの方の父で、用人永井の弟忠弥におみよをローラクさせようとした。だが若い忠弥は、何時かおみよに真実の恋を感じ出していた。阿部や一味の和尚らは若年寄牧野三河守を通じて捜索打切りを命じた。だが手下お蝶の色じかけも若さまには利かない。種々の細工も功を奏さず焦った阿部らは側妾貞代の方の身篭りを知り、おえんの方の寵が薄れるのを恐れ安産祈願の参詣途中を襲うが、駕篭から現われたのは葵の紋服姿の若さまだった。今はこれ迄と斬りかかった阿部一味は、若さまの烈剣や用心棒高岡、実は幕府隠し目附の助勢で仆された。おえんの方が石女なのでお附女中の子を身替りにし、将軍を毒殺して天下を取ろうとした阿部らの陰謀はここに壊滅した。江戸の春の昼下り、絵ときをする若さまの顔を、おいとがほれぼれと見詰めていた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1956年
製作国 日本
配給 東映京都
上映時間 90
カテゴリ アクション
チケット 前売りチケットを購入する