閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「若さま侍捕物手帖 鮮血の晴着」(1957)

0点--
江戸の深夜に暗躍する強盗団に窮した与力・佐々島に相談を持ちかけられた若さまは事件の夜に古寺の境内で殺された質屋・阿波屋六左衛門の身元を洗い始める。その裏に潜む旗本と御家人の陰謀を知り若さまは……。巧みに構成された推理ものと大川橋蔵の立ち回りが楽しめる娯楽時代劇。

あらすじ

深夜の江戸に暴力強盗の暗躍。奉行所の与力佐々島らの探索も空しく一味は更に札差越後屋の主人夫婦を殺し金を奪って消えた。思案に余った佐々島は目明し小吉と、柳橋の船宿喜仙で娘のおいとの酌で飲んでいる若さまに相談する。ところが越後屋事件のあった夜、古寺の境内に、かつて若さまが見かけた怪老人実は浅草の質商阿波屋の六左衛門が鮮血に染った花嫁衣裳を手に殺されていた。その阿波屋の店前をうろつく若侍。事件に乗出した若さまは阿波屋を洗い、六左衛門には料理屋春月を営むおしゅんという女がいること、阿波屋は番頭重蔵が継ぐらしいこと。これだけ探って次に若さまは春月へ。春月では事件の前日ここへ重蔵が来たことを知るが折しも二階で騒ぐ侍達。御家人愛甲新七の一党である。一方、小吉の探りで例の若侍は旗本白坂の次男源二郎で、ごろつきの集る愛甲邸に出入りして今は勘当の身、彼が何故か六左衛門を狙っていたことまで判る。これを基に若さまは六左衛門の死体についていた綿埃と草履の裏の赤士から判断、谷中に一軒の綿打屋を探し出す。暫くそこを見張っていると隣の家から一人の娘が飛出し、跡をつけると娘は例の愛甲一味に捕って連れ去られる。若さまは愛甲邸に乗込むが既に娘の気配はない。しかしその帰り途、そば屋田毎に、おしゅんの弟四郎吉を見かけ、彼に飲ませて巧みに誘導、若さまは事件の全容を掴む。若さまが見た娘は無役小身の旗本八代将監の義理の娘でお露と云い、恋人白坂があったが将藍は大身の榎本に取入るため彼の息子と婚約させた。一方、将監は表向き質商の阿波屋と組んで愛甲を手下に強盗を働いていたが、阿波屋は盗品を一人占めする将監への恨みと、お露への横恋慕から彼女を騙し谷中の綿打の隣の隠れ家に四郎吉を見張りに囲っていた。将監はお露の失踪を白坂のせいと思ったが、春月のおしゅんの色香と阿波屋の財産に目の昏んだ重蔵の裏切りによる注進で遂に六左衛門を殺した、というわけ。将監邸に乗込んだ若さまは早業で将監を取押えた。極悪人将監も今はたまらず切腹、事件は落着した。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1957年
製作国 日本
配給 東映京都
上映時間 60
カテゴリ アクション
チケット 前売りチケットを購入する