閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「ロマンス祭」(1958)

0点--
宝塚映画お得意のミュージカル・コメディ。出演もおなじみのチエミ、いづみと宝田明、そして豪華喜劇陣で、監督もこれまたいつも通りの杉江敏男である。ジャズ・シンガー志望のチエミがリサイタルを開くまでの紆余曲折を、いづみのロマンスを織り込んで描くにぎやかな明朗喜劇。

あらすじ

八木ヒサミは、ジャズシンガーを憧れている中華料理店の出前持である。ある日、出前の途中テレビに出演し、これが店の親爺にばれてクビになった。困った彼女は得意先の黒田興業社長に、唄のテストを頼みに行ったが、そこで黒田から松井を紹介された。彼はトランペット吹きだったが、ペテン師根性のため東京の興行界では信用のない男である。松井はヒサミの唄に惹きつけられ、彼女をジャズ歌手に育て上げようと決心した。二人は大阪へ向った。ヒサミは列車の中で、見合の相手が嫌で家出したというむつみなる令嬢と親しくなった。大阪へ来ても仕事の口は見つからず、二人は流しを始める有様だったが、ふとしたことから知り合った田島という学生の口ききで、ヒサミはキャバレーで歌うようになった。彼女はいつしか田島を愛するようになっていた。プレゼントを持って田島を訪れたヒサミは、むつみと彼女の親友令子と鉢合せをした。田島は彼女らの高校の先輩だった。ハイティーンの四角関係。失恋したのはヒサミとむつみだった。だが間もなく、むつみは見合写真の中から玉宮の写真を見つけ、ロマンスが誕生した。さて残る一人は?おそまきながらヒサミの天分に驚いた黒田に、身柄を預けないかと言われたが、彼女は断った。私の体は松井さんに任せてあるから、といって。だが、松井の力ではリサイタルは開けなかった。彼は、自分がいない方がヒサミの将来のために良いと考え、黒田にヒサミのことを依頼して姿を消した。一人ぼっちになったヒサミを、むつみや令子らが心配して、彼女のリサイタルを開いてやることになった。踊り歌いながら、ヒサミは観客の中に松井の姿を求めた。が、見当らなかった。会は盛況でも、彼女の心は暗かった。いよいよ、黒田を頼って上京することになった。−−その列車の中で。ヒサミは自分とよく似た田舎っぽい娘を見つけた。そして、なにげなくその隣りを見ると、松井によく似た男が、レインコートをかぶって眠っていたのだ−−。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1958年
製作国 日本
配給 宝塚映画
上映時間 104
カテゴリ コメディ
チケット 前売りチケットを購入する