閉じるボタン

「旅情〈1959年〉」(1959)

0点--
双葉流の家元として、生け花を紹介するため海を渡った杉田真弓。しかし、本当の目的は、かつて別れた恋人三上俊一に会うためかもしれなかった。だが、異国の地で三上は日系3世の娘と婚約していた。ふんだんなハワイ・ロケで、南国ムードたっぷりに仕上げた菊村到原作のメロドラマ。

あらすじ

杉田真弓はアメリカ本土からの帰途ハワイに立ち寄った。ハワイにはかつての彼女の恋人、三上俊一がいた。双葉流の家元として生花の海外紹介が目的で海を渡った彼女ではあったが、三上をたずねて立ち寄ったハワイがむしろ主なる目的地であったかも知れなかった。彼女のすべてを捨てた努力で双葉流は勢を得て来た。しかし今は、かつて彼女を失い失意のままにハワイに来た三上に会うことにただ心を傾けていた。報道陣の出迎えはにぎやかだった。しかしその夜三上は彼女の前に現われなかった。ハワイでの彼女の一週間が始まった。生花展を開くことになったデパートの社長が彼女に三世の日本娘浦辺純子を紹介した。純子の案内で行った酒場で真弓は酔った三上に会った。しかし三上は冷たかった。が、三日目、三上は真弓をホテルに訪れた。真珠湾、ハナウマビーチ、ヨットハーバーに二人の恋は激しく燃えた。翌日真弓は純子の生家を訪れた。しかし三上が純子の婚約者であることを知った時、真弓はどれ程驚いたろう。翌日、何も知らない純子が三上を紹介した。三上は真弓との恋を成就しようと言った。しかし純子をどうして裏切られよう。三上の告白を聞いて純子は声をあげて泣いた。生花展は成功だった。しかし真弓は淋しかった。真弓の深い恋を知った純子の苦しみも深かった。ハワイでの一週間は過ぎた。八日目の朝真弓の一人旅の姿がホノルル空港に見られた。誰にも知られず発とうという彼女の心に背いて、天候の急変で飛行機は出港をのばした。三上との別れの時間が残された。純子もかけつけた。純子の暖い心と俊一の激しい想いをあとに、真弓をのせた飛行機は静かに飛び立った。「さようなら、ハワイ、わたしの恋」ホノルルの灯が遠くかすんでいった−−。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1959年
製作国 日本
配給 大映東京
上映時間 100
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する