閉じるボタン
【重要】「ぴあ映画生活」サービス終了のお知らせ

「虞美人草〈1935年〉」(1935)

78点78
夏目漱石の名作を巨匠・溝口健二が映画化。漱石作品が山の手の上流階級の若者を描いた知的で都会的なものであったのに対し、本作品ではそうした人々と並行して描かれる昔気質の庶民の描写に本領が発揮されている。恩師の娘に扮する大倉千代子の演技が絶品。
製作年 1935年
製作国 日本
配給 第一映画
上映時間 73
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する