閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「沓掛時次郎〈1954年〉」(1954)

70点70
一宿一飯の恩義から何のうらみもない六ツ田の三蔵を斬った沓掛時次郎は、三蔵から身重の妻・おきぬと子供の太郎吉を、おきぬの実家に送ることを頼まれ承知する。おきぬは時次郎が憎くて仕方がなかったが……。新国劇の役者が勢ぞろいした日活時代劇の第2作。

あらすじ

沓掛時次郎は一宿一飯の恩義から、何の怨みもない六ッ田の三蔵を斬ったが、息を引取る三蔵から身重の妻おきぬと子供の太郎吉を、おきぬの実家に送り届ける事を頼まれた。太郎吉はすぐ時次郎になついたが、おきぬは時次郎が憎くて仕方がなかった。しかし兄夫婦の実家も住みよい所でなく、気の進まぬ縁談を迫られたりすると、おきぬは次第に時次郎の優しさが想い出されて来るのだった。一方、時次郎はつくづくやくざ稼業に厭気がさし、堅気になっておきぬと再会した。ひっそりした師走の門付け、それは時次郎と、今はもう離れられぬおきぬと太郎吉の姿であった。おきぬのお産が迫ったので、時次郎は金が欲しかった。今はヨイトマケの作業員になり下った時次郎は、人夫頭に前借りを断られて悄然と立去る丁度その時、日当一両の喧嘩の助人の話が待構えていた。やくざを棄てた時次郎ではあったが、おきぬに内証で再び長脇差を持った。それを知らず産気づいたおきぬは、難産のために時次郎の名を苦しい息の下から呼び続けながら世を去った。今日もまた浅間の煙りが三筋に流れる。太郎吉を背負った時次郎の足どりは重く、果しない街道の彼方に消えて行った。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1954年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 99
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する