閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「銀玉マサやん」(1992)

0点--
東京・高円寺の“サンコーホール“は、パチプロのマサやんとガン鉄のホームグラウンドだ。マサやんは、最近そこで見かける人妻風の静香に一目惚れ。そしてデートに誘うことに成功。一方のガン鉄もキャバレー勤めの敏江に惚れデートにこぎつけるが……。「3−4×10月」でも、ビートたけしを食う好演を見せたダンカンの主演作品。

あらすじ

東京・高円寺純情商店街にたむろするプロ・パチンカー、マサやんとガン鉄。マサやんはパチンコ店に来る人妻風の静香のことが最近気がかりだ。一方ガン鉄はキャバレー勤めの敏江にゾッコンで、彼女を追って、実家の鹿児島県志布志町まで足を伸ばす。敏江には別居中の夫ヤスと5歳の息子がおり、敏江はガン鉄のプロポーズを拒む。ガン鉄と敏江を追って、マサやん、静香、ヤスが次々に志布志に到着。敏江の父は町の実力者・権田原に借金をしており、敏江は彼らに借金のカタとして誘拐される。間に入ったマサやんは、権田原の手下でパチプロの南海竜とパチンコ勝負で賭けに挑み、見事勝って借金はチャラ、敏江も無事に帰り、彼女の父も長年許さなかったヤスとの結婚を承諾する。静香は夫の元へ帰ることになって、マサやんとガン鉄は再び東京でのパチプロ生活に戻るのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1992年
製作国 日本
配給 竜企画
上映時間 94
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する