閉じるボタン

「鉄火若衆」(1962)

100点100
悪徳商人やそれと結ぶ横暴な旗本に楯突く勘定奉行、豊中兵庫の遺児・矢之介。その矢之介が旗本とぶつかった時に救い出した風変わりな浪人・春夏秋兵衛、そして江戸から悪を一掃するために立ち上がった大目付・枚方壱岐守の3人が、非道の限りをつくす悪に立ち向かう。勧善懲悪のドラマが楽しめる娯楽時代劇。

あらすじ

三年前、紫頭巾の出没によって御金蔵破りの責をとらされ切腹させられた勘定奉行豊中兵庫の遺児矢之助は、幕閣にとりいって暗躍する悪徳商人、それと結ぶ横暴な藤本にたてついていた。料理屋「川善」の看板娘お弘は、店を切り廻わすオキャンな娘だが、矢之助に思いを寄せていた。或る日、矢之助と旗本達が真正面からぶつかった。その時矢之助は、春夏秋兵衛という浪人者に救われた。小唄師匠おえんの処に居候している秋兵衛は、一風変った浪人者であるが、矢之助が豊中兵庫の一子と知って顔をくもらせた。こんな頃、紫頭巾が再び現われだした。三年前の紫事件から事態の悪化を恐れた大目付、枚方壱岐守は勘定奉行松原大学一党の悪業非道を老中に訴え出た。それを知った大学一党は、「川善」の一人娘お弘が、壱岐守の隠し子であることを知って、壱岐守の失脚を図った。だが、壱岐守は大江戸から悪を一掃するために、大目付役を棒にふってもと立ち上った。大学一党は邪魔者の矢之助をも倒すため、お弘を囮に呼び出しを矢之助にかけた。だが、そこに現われたのは、三人の紫頭巾−−矢之助、秋兵衛、壱岐守だった。三人は力を合わせて、大学一党を次々と倒していった。大江戸の町に再び平穏が戻ったある日、秋兵衛、おえんの楽しそうな旅姿、侍への道を断った矢之助、お弘の花婿、花嫁姿。今はもう親子の名乗りをあきらめ幸せそうな二人をじっと見守る壱岐守の姿が見られた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1962年
製作国 日本
配給 東映京都
上映時間 89
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する