閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「月下の若武者」(1938)

0点--
織田信長の全盛時。濃尾の山深くに、各務十郎、由良三郎の二人が治める村があった。十郎の留守中、三郎は真刈の秀熊一家と争いごとを起こす。秀熊を逃したものの秀熊に無理矢理結婚されられそうな桔梗を助けた三郎は、彼女と恋に落ち、二人で村から逃げ出した。その後、村は復讐に燃える秀熊に焼かれてしまい……。中川信夫による、絢爛たる戦国絵巻。

あらすじ

若狭の国小浜庄の小太郎千寿丸の兄弟が、東へ上った留守中、かねて小浜庄を狙っていた高浜の豪族海老名法心が夜討ちをかけ、父や一族はことごとく討たれてしまった。法心を討って小浜庄を取り返すと血気にはやる千寿丸に対し、小太郎は、都で出世して機会を待ち仇を報いるのだ、と千寿丸と許婚の千加の心をふり切って都に上って行った。だが、都に出た小太郎は殿上人の勢力争いを目のあたりに見せられ、絶望して大盗袴垂保輔の許に身を寄せた。一方、千寿丸は、一途に兄を慕う千加と、千寿丸に激しい想いを寄せる山の娘アケミと共に、遠く小太郎の身を案じていた。だが千寿丸の傍にいつもいる千加に嫉妬したアケミは、千加を人買いに売ってしまった。これを知った千寿丸は、小太郎と千加を探しに京都に旅立った。兄を尋ねて藤原能長の館を訪れた千寿丸は、折から夜襲して来た袴垂一味を得意の弓で追い払った。時が流れて、京都で白拍子に売られた千加は藤原頼通の囲い者となり、御機嫌うかがいに上洛した法心を刺そうとしたが、果さず、獄舎に入れられたが、そこで隅然にも検非違使の役人に出世した千寿丸と出会った。一方、法心は袴垂に千加と千寿丸を殺すよう、頼んだ。獄舎を襲った袴垂は、千加を攫ったが、それをみた小太郎は、千加を救おうと袴垂に切りつけ、逆に捕えられた。小太郎の危急を知った千寿丸は、騎馬武者を従え袴垂の巣窟へ急いだ。激闘の末、千寿丸は袴垂を討ち、小太郎は、その場に居た法心を計った。小浜庄は無事兄弟の許へ返った。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1938年
製作国 日本
配給 東宝京都
上映時間 59
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する