閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「クレージーボーイズ」(1988)

0点--
東映の仲村トオルに対抗して松竹が売り出した加藤昌也の映画デビュー作。少年院とシャバを行ったり来たりする若者たちのエネルギッシュな青春像をノンフィクション『塀の中の懲りない少年達』をもとに描き出している。監督は「彼のオートバイ、彼女の島」など、大林宣彦作品のシナリオも書いている異能派・関本郁夫。

あらすじ

フケのガンは18歳の夏、窃盗罪、不法侵入罪、ワイセツ物陳列罪で少年院送りとなった。そして新入りのガンに対するいじめが始まった。リーターはギンジ、弟分にラッキー、キレタ君、タカシがいる。しかし、19歳で既婚者のオヤジだけはガンに手を差しのべてくれた。ある日大喧嘩の末、ガンとギンジの間に友情が生まれた。ガンは退院を待ちきれないオヤジを連れて脱走するが、オヤジは愛妻・信子の前で捕まった。一方、逃げのびたガンは美少女・加奈子に、一目惚れしてエレベーターの中でパンツを脱ぐが、再び捕まってしまった。やがてラッキーやギンジも退院し、ガンの再退院をベンツで迎えた。ラッキーがマンンョンヘルスを計画し、連れてきた女の子が加奈子で、ガンは動揺した。しかし、二人は反発しながらも惹かれていく。マンヘルはパクられ、ラッキーは再入院。ギンジの所にはガンや加奈子、オヤジ、キレタ、タカシが転がり込んできた。タカシのアイデアで無農薬大麻の販売をしようとするが、敵対する梶組の大内にチクられてタカシは再入院。大元の曽根組もパクられ、ギンジは大内を殺すよう命じられた。一方、信子は大内の情婦となり、ガンとオヤジは無理矢理梶組に入られてしまった。ガンとギンジは敵対する組の先鋒として戦うことになったが、奇策で切り抜けたのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1988年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 99
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する