閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「グリーン・レクイエム」(1985)

0点--
完成から3年、陽の目を見なかった今関あきよしの劇場用映画第2作。光合成によって栄養を補給するという少女・明日香と国立植物学研究所に勤める若者・信彦との愛を描いたSFファンタジー。

あらすじ

三沢明日香は19歳。白い肌と緑の髪を持つ美しい娘だったが、実は普通の人間ではなかった。彼女の体は植物と同じで食物をとる必要がなく、光合成によって体内で有機物を補給できる構造になっていて生育していたのだ。彼女は日光欲さえしていればいいのだが、20分以上同じ場所にはいられなかった。明日香は髪を黒く染め、毎日公園で日光欲をしていたが、そのうちひとりの青年に恋をしてしまう。嶋村信彦、23歳、国立植物学研究所の若くて真面目な研究員で、彼もまた明日香のことが気になり始めていた。信彦には幼い頃、郷里の山の中で明日香によく似た緑色の髪の少女を見た記憶があった。信彦は郷里で明日香の秘密を探るうちに、彼女が自分の上司・松崎教授の恩師・岡田教授の行った生体実験によって生まれた子供であることを知った。信彦はなんとしても明日香を守らねばと誓うが、松崎教授は彼女を研究材料にと捕らえてしまう。信彦は明日香を助け出して逃亡するが、松崎ら研究所員も追いかけてきた。樹木は次第に凶暴になり、追っ手を襲い始めた。明日香は愛する信彦を守り、木々を鎮めるため宙に舞うのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1985年
製作国 日本
配給 東北新社
上映時間 97
カテゴリ ファンタジー
チケット 前売りチケットを購入する