閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「黒い牝豹M」(1974)

【DVD発売中】

0点--
横浜の裏の世界を支配する右翼実業家の速水は、広域暴力団・国栄会を敵にまわし着々と実力を蓄えていった。女殺し屋・Mは国栄会会長の密命を受け、速水暗殺に乗り出す。池玲子の日活初主演作で、公開時のカラテ・ブームに悪ノリしてカラテの達人という設定の殺し屋に扮している。

あらすじ

横浜、ここでは関西の広域暴力団・国栄会の横浜支部の看板を掲げている速水興業が着々と勢力を広げ、幅を利かしていた。ある日、共栄会の中田が速水興業の社長・速水を訪ねてきた。速水と中田は共謀して、国栄会への上納金をごまかして来たのだが、会長がその事に気づいたために、中田は手を引きたいと言うのだった。だが、納得しない速水は中田を殺し、この機会に国栄会とも決着をつける決心をする。これら全てを遠くから見ている女がいた。読唇術と拳術に秀れた「M」と呼ばれる女殺し屋である。Mは会長から、中田と速水を殺すべく派遣されたのだ。中田を自らの手を下すまでもなくすんだMは、次に速水を狙うが、逆に三人のボディガードに掴まり、無理矢理抱かれてしまう。だが、その時、Mの細い指が男の喉元に食い込み、骨の砕ける鈍い音がした。これが幻の流派、多良間流空手の必殺拳である。一方、速水は、Mを捕えようと、ゴルフ場に出かけ、自分の替え玉と入れ替った。Mはその罠にまんまと引っかかり、囮を殺してしまった。替え玉と気がついたMが一瞬あわてた隙を狙って、ボディーガードたちが襲いかかる。激しい格闘の末、Mは相手を倒すが、自からも深手を負ってしまった。ある公園で、傷のために衰弱して倒れていたMを、自分の家に連れていき、手厚く看護したのは、以前、車に轢かれそうになったのをMに助けられた娘むつみの母和子だった。だが、和子の夫は速水だった……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1974年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 74
カテゴリ アクション
チケット 前売りチケットを購入する

監督

キャスト

もっと見る