閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「気まぐれ冠者」(1935)

0点--
伊丹万作の22本に及ぶ監督作品のうち、今見られるものが3本しかないという事態は日本映画界最大の悲劇の一つであるが、本作は翌年の名作「赤西蠣太」に匹敵する意義を持つ貴重な作品である。サイレント時代の伝説的作品「国士無双」をはじめとする伊丹のナンセンス・コメディの系譜を今に残す唯一の作品であるからだ。戦国時代、ある国のバカ殿が、好戦的な隣国を抑えるために気まぐれ冠者を送り込む。彼は闘鶏を国中にはやらせて戦意喪失に成功する、というばかばかしい話をチープなセットとストロー級の軽い演出で描き切る。
製作年 1935年
製作国 日本
配給 千恵蔵プロ
上映時間 75
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する