閉じるボタン

「関東テキヤ一家」(1969)

【DVD発売中】

70点70
昭和30年。テキヤ一家の若者、国分は二度とドスは抜かないと誓っていた。ところが、縄張り争いが激化。親友や仲間を次々に殺され、ついにはこらえにこらえた怒りを爆発させてしまう。

あらすじ

国分勝は浅草のテキヤ菊水一家の若衆。親分市井の命により、引地、佐貫を連れて群馬から福島への旅に出た。上州三軒茶屋一家・明石操のもとで旅装を解いた国分は、土地の興行者矢倉一家からしめ出された女子プロレス一行に同情、操に頼んで興行をうつことになった。操はテキヤ同志の筋道を通すため矢倉一家を訪れたが、ちょうど矢倉・源田兄弟盃の宴の最中だった。操は、案内状も出さずに同業者から祝儀と称して金品を捲上げる矢倉の仕打を指摘、その場に一触即発の空気がみなぎった。そして仲裁に出たのが会津一家の大島だった。この大島を傘下におさめようとする銭村が襲って、重傷を負わせた。やがて、大島の采配で東日本の親分衆の集会が開かれた。しかし、銭村が叫んだ神農睦会の結成に市井が反対、席は殺気をはらんだまま流会した。市井はこれを境に狙われ、国分は親友時枝、仲間の引地とともに親分市井をも失った。間もなく、国分は市井に封印された短刀を抜き、大島、操らの助力を得て怨念を晴らした。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1969年
製作国 日本
配給 東映京都
上映時間 92
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する