「寛美の三等社員」(1961)

0点--
徳島の大興行主の息子・鳴門太郎は5歳で母と生き別れ、12歳で父と死別。今では大阪の紡績会社に勤める身だ。会社は業務拡張を見込み、ミナミのキャバレー“ムーラン・ルージュ“の買収をめぐってライバルと争奪戦を繰り広げていた。敵方はキャバレーの経営者・信子の娘と自社顧問の息子との政略結婚をはかり、取り引きを有利に進める。ところが信子と太郎が実の母子だと発覚し……。当時、松竹新喜劇のプリンスとして、舞台やTVを席巻した寛美主演のサラリーマンもの。

あらすじ

四国徳島の大興行師忠治親分の息子、鳴門太郎は、五歳で母と生き別れ十二歳で父と死別、その後乾分の常吉に育てられ、今では羽衣紡績大阪支社に勤めていた。太郎は沢村部長に可愛がられ、小林三平とその妹道子という良き友があった。多角経営を目指す会社は、大阪の南にサービスセンター建設を計画するが、商買仇のセントラル紡績でも同じ計画があり、大キャバレー“ムーラン・ルージュ”の買収をめぐって争奮戦が展開された。“ムーラン”の経営者古川信子は、女手一つで事業を成功させた夜の女王で、トヨ子という美しい娘があり、その娘を市会議員成瀬の息子健一と結婚させようとしていた。セントラル紡績の顧問が成瀬とあって、セントラルの宇野、藤田は断然有利であった、ために、太郎はいつも後手後手と廼わり、買収はセントラルに決まりかかっていた。ちょうどそんな時、太郎の育ての親常吉が、五年の刑期を終えて出所して来た。常吉はそこで太郎のションボリした姿から、仕事の話を聞き出し、買収の件は俺にまかしとけと大見得を切った。翌日、常吉は太郎を引っぱって信子を訪ねた。常吉は信子の顔をみたとたんに逃げ出した。信子は太郎が五歳の時に生き別れになった母だというのである。太郎は買約の契約もそっちのけで、信子が母であることを確かめようと信子を一人で訪ねた。これを知ってあわてた藤田と宇野は信子に、太郎の話はウソで、信子の財産を狙ってのインチキ話だと中傷したため、太郎と信子の間はメチャクチャになってしまった。その話を聞いたトヨ子と健一はそのことの調査にのりだした。結果、太郎は信子の本当の子供であり、二人の結婚が取引きの道具に使われていることを知った、一方、太郎は九州支社に転勤を命じられた。その出発の日、信子が太郎をたずねて会社にやって来て今までの不明をわび、ムーランを太郎にくれるのだった。かくて、羽衣紡績の逆転勝ちとなった。太郎を見送る大阪駅には、信子、道子の明かるい顔があった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1961年
製作国 日本
配給 松竹京都
上映時間 72
カテゴリ コメディ
チケット 前売りチケットを購入する