閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「五人のあばれ者」(1963)

0点--
三十石の小旗本・比村大吉を中心に、ウダツの上がらぬ生活をする5人組。この5人が無頼旗本の集まり“鬼神組“の向こうを張り、賭場を開こうとしたことから両者が対立。窮地に立った鬼神組は、5人組の仲間、おいちとその赤ん坊を人質にワナを仕掛けるが……。千恵蔵主演の痛快時代劇。

あらすじ

江戸の人気役者中村仲蔵は“忠臣蔵”の定九郎を、三十石の小旗本此村大吉の奔放な挙動に暗示を受けた新趣向の型で演じて絶賛を浴びた。舞台を見に来た大吉を茶屋へ招いた仲蔵に、無頼旗本の集まり鬼神組が難くせをつけて来た。義憤を感じた大吉が侠気の鉄拳を見舞ったことから、鬼神組は執拗に大吉の命を狙うようになった。大吉は、仲間の飯塚、大河内、横井や、妻に先だたれ赤ん坊を抱えた座光寺源三郎らと五人組でウダツの上らぬ生活をしていた。政治犯として獄舎にある学者の娘おいちが、奉公先の鬼神組の頭領松平帯刀家で好色の間部老人に犯されそうになったところを折良く救ったのも大吉だった。大吉たち旗本五人組と鬼神組との暗然の対立を発展させたのは、かねてから大吉に好意を寄せている、一年前に亡くなった老中の側室蓮月院が百両の軍資金を提供したことにはじまる。五人が鬼神組の向うをはって賭場を開こうとしたからである。窮地に立った鬼神組は計略で取り押さえたおいちと赤ん坊を人質にして大吉をおびき寄せ、野望をとげんとした。ただ、赤ん坊の無事を願う大吉は、源三郎とともに鬼神組の手中に乗り込み、無念を忍んで帯刀たちの意を迎えるのだったが、それが卑怯な計略だと知って白刃を抜き放った。残りの仲間も駈けつけて、積み重なった小身者の怒りを爆発させた五人のあばれ者は、おいちと赤ん坊を助け出した座光寺を逃がし、鬼神組の白刃の中に斬り込んでいった。秋、失った三人の仲間の墓標に黙祷を捧げる大吉と蓮月院の姿があった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1963年
製作国 日本
配給 東映京都
上映時間 87
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する